楽天証券の未成年口座を開設できる年齢、活用方法、ジュニアNISA

rakuten-sec3
楽天証券は2015年7月から未成年口座の開設が可能になっています。

2016年からジュニアNISAが始まり、子供の教育資産の運用など家族で投資することで非課税枠を多く利用できるようになりますので、子供がいる人はぜひ未成年口座を作っておいた方が良いでしょう。

未成年口座の開設には親の口座開設が必要になりますので、楽天証券がメイン口座の人は子供の口座も楽天証券で開設すると楽ですね。

本ページでは楽天証券の未成年口座のサービス内容や解説できる年齢や活用方法などを紹介したいと思います。

楽天証券の未成年口座の基本

  • 0歳から口座開設できる
  • 親権者の総合口座が必要

楽天証券の未成年口座は、原則20歳以上でなければ開設できない証券口座を、親権者が同意することで開設可能にしたものです。

取引主体者(実際に取引する人)は原則親権者となり、未成年者が15歳以上の場合は未成年者本人が取引主体者となることもできます。

親権者の同意があれば0歳から口座開設することができます。なお、未成年口座を開設する場合は未成年者の親権者が楽天証券の総合口座を開設している必要があります。

ジュニアNISAがはじまるタイミングで家族で投資をはじめる人はまず親の総合口座の開設するようにしましょう。

楽天証券の口座開設(無料)


ジュニアNISAを利用できる

楽天証券に未成年口座を開設すると、2016年からはじまるジュニアNISAの口座も開設することができます。

ジュニアNISAは年間80万円の投資枠分までの投資から発生した利益がすべて非課税になる制度です。

■ジュニアNISAの概要と成人NISAとの比較

NISA ジュニアNISA
対象者 日本在住で20歳以上 日本在住で0歳~19歳
取引主体 本人 親権者
非課税投資枠(年) 120万円 80万円
非課税期間 最長5年間 最長5年間
制度期間 2023年(平成35年)まで 2023年(平成35年)まで
対象商品 上場株式、投資信託 上場株式、投資信託
払出制限 なし 18歳まで払出不可
金融機関の変更 可能 不可
必要提出書類 住民票 マイナンバー

NISAは120万円の投資枠があり、成人のNISAよりは投資枠が少なくなりますが、家族で投資をすることで投資枠の上乗せをすることができます。

両親と子供2人の家庭で両親が成人NISA、子供2人がそれぞれジュニアNISAを利用すると120万円×2+80万円×2=400万円の非課税枠を毎年利用することができます。

ここまで投資枠が増えると投資金額のほぼすべてを非課税とすることができるでしょう。ジュニアNISAは2016年から始まる制度で利用する人も多いと予想される制度です。子供がいる人はぜひ利用した方が有利ですので活用していきましょう。


未成年口座を開設する条件

楽天証券で未成年口座を開設するには以下の条件を未成年者および親権者が満たしている必要があります。

■未成年口座を開設する条件

  • 未成年者が20歳未満かつ未婚
  • 親権者全員の同意があること
  • 親権者のうち1名が楽天証券総合口座を開設している
  • 未成年者、親権者がともに国内在住であること
  • 親権者の口座に何の制約もかかっていないこと

口座開設者が未成年なのは当然として、結婚した場合も未成年口座ではなく成人用の口座の対象となりますので未成年口座を開設できなくなります。

また未成年者、親権者がともに国内在住である必要があり、親権者の口座の取引制限など何も制約がないことが必要になります。


未成年口座で取引できる商品

楽天証券の未成年口座で取引可能な商品は以下の商品です。

  • 国内株式(現物)
  • IPO、PO
  • 立会外分売
  • 外国株式
  • 投資信託
  • 債券
  • 金・プラチナ
  • 貸株
  • 定時為替

信用取引やFX、先物取引などレバレッジを効かせた取引はできませんが、IPOや外国株式の取引も可能ですので、現物取引や投信以外にもチャレンジしてみて良いですね。

楽天証券独自の商品としては金・プラチナに投資できるのは主要ネット証券では楽天証券だけですし、貸株も利用できるのは楽天証券くらいです。

  • 楽天証券の金取引、純金積立
  • 楽天証券の貸株サービスの特徴


  • 未成年口座の開設方法

    miseinen-rakuten1

    楽天証券の未成年口座を開設するには、親権者が楽天証券の総合口座を開設後、親権者のID、パスワードでログインをし、ログイン後の画面から未成年口座の申込をします。

    未成年口座の申込をWEB上ですると、口座開設申込書が送られてきますので、口座申込書に必要事項を記入し、一緒に送られてくる同意書、未成年者と親権者の本人確認書類、戸籍謄本(全部事項照明)と一緒に返送をすることで開設できます。

    普通の成人用の口座開設よりも時間がかかりますので、取引したい時期がある人は早めに申し込みだけでもするようにしたいです。長期投資とはいえ、投資のチャンスはいつ来るかわかりませんしね。

    親権者が楽天証券の総合口座を持っていない場合は、まず親権者の口座開設をすることから始めましょう。

    楽天証券の口座開設(無料)


    当サイトのおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
    koushiki2

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
    koushiki2

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
    koushiki2

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
    koushiki2



    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ