マネックス証券のIPO抽選のしくみと当選確率を上げる方法

最終更新日: 2017年5月19日

monex-logo

マネックス証券のIPO抽選のしくみや当選確率を上げる方法を紹介しています。

マネックス証券はIPOに力を入れており、SBI証券に次ぐIPOの関与率を誇るネット証券です。完全抽選制で顧客単位で当選者を決めるので人によってはSBI証券よりも当選率が高く、特に資金の少ない人におすすめの証券会社ですので、IPOサービスの内容を見ていきましょう。

マネックス証券のIPO抽選のしくみ

  • 公平な完全抽選制
  • 資金が少ない個人に嬉しい顧客単位の抽選方法
  • 1回の申込で抽選まで参加可能
  • NSAへの預入も可能

公平な完全抽選制

マネックス証券のIPO抽選は配分された株を100%抽選によって顧客に割り当てをする完全抽選制をとっています。

マネックス証券に割り当てられた株の抽選は1顧客1抽選権で行われるので、多く申し込んでも少なく申し込んでも当選確率は変わりません。

SBI証券では1申込株数1抽選権となっており、資金が多い人ほど当選確率が上がるしくみになっていますが、マネックス証券では申込株数に関わらずすべての顧客の当選確率は同じになっています。

■マネックス証券のIPO抽選しくみのイメージ
マネックス証券のIPO抽選しくみのイメージ

また、マネックス証券での配分数合計を申込株数が上回った場合、当選する株数は1単元となっており、2単元以上の株が割当されることはありません。

ある意味とても公平な抽選方法であるといえます。


1回の申込で抽選まで参加可能

マネックス証券のIPO投資は、ブックビルディングへの申込、抽選、購入意思確認(当選者のみ)、購入として進んでいき、買付余力の拘束は購入意思確認時から購入までの間に行われます。

ブックビルディングへの申込時に申込株数に応じた買付余力が足りているかどうかのチェックと資金拘束が行われますので、ブックビルディングへの申込時にはマネックス証券の口座にお金を入金しておく必要があります。

カブドットコム証券はブックビルディングへの申込時、購入申し込みと抽選までに2度申し込みが必要になる2段階申込制をとっていますが、マネックス証券ではそのようなことがなく1段階の申込で抽選までが行われる通常の抽選方法です。手間が少なくて良いですね。


NISAへの預入も可能

また、マネックス証券はIPO銘柄をNISAに預け入れることができるので、IPOで出た利益をすべて非課税とすることができます。高い確率で大きな利益が出るIPO投資はNISAに預け入れるには最適ですので、マネックス証券でNISAを利用している人はぜひIPOで非課税メリットを得たいですね。

完全抽選制なので公平で、手間も少なくIPOの抽選に参加できますので、IPO投資家にとっては必須の証券会社といえるでしょう。

>>マネックス証券の口座開設(無料)

■マネックス証券のIPO抽選概要

項目 内容
配分方法 100%抽選制
申込方法 ブックビルディング
抽選方法 コンピュータによりランダムで行う
抽選単位 顧客ごと
余力の確認 申込時、抽選時、購入意思確認時
余力の拘束 購入意思確認後、IPO株購入まで


マネックス証券のIPO関与率

マネックス証券で参加できるIPOの会社数はSBI証券に次ぐネット証券で2番目の多さです。ネット証券ではじめてIPOの主幹事を務めるなど、非常にIPOに力を入れている証券会社です。

主幹事の証券会社は配分される株が多くなり、当選確率もぐっと高まりますので、IPO投資家にとってマネックス証券は欠かせません。

なお、IPOで初値が値上がりした銘柄として有名なものに比較.comがあり、公募価格45万円から270万円の初値をつけて話題となりました。実はこの時の主幹事がマネックス証券なのです。当時の当選確率は10%超とも言われており、10%の確率で200万円以上をゲットできたことになります。

次の比較.comを逃さないためにもマネックス証券は押さえておきたいですね。

最近のマネックス証券のIPO関与数は以下のようになっています。

■IPO数とマネックス証券のIPO関与率

IPO数全体 マネックス証券関与数 関与率
2014 77 39 50.6%
2013 54 34 63.0%
2012 46 16 34.8%
2011 36 9 25.0%

マネックス証券のIPO関与率は50%程度となっており、近年は特に関与数、関与率を高めています。

関与率が90%を超えるSBI証券には及ばないもののネット証券No2となっており、今後も安定的にIPOに関与していくものと思われますので、IPO投資に向いたネット証券といえます。

マネックス証券のIPO抽選のしくみは完全抽選制、顧客ごとの抽選、1段階申込制とSBI証券やカブドットコム証券の良い点を両取りしたような個人投資家に優しいしくみになっています。

IPOの関与数も多く、IPO投資家にとっては必須といえますので、マネックス証券からIPOの申込は欠かさないようにしたいですね。

>>マネックス証券の口座開設(無料)


当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2


注目の新サービス

J.Score(スコアレンディング)

AIがスコアを自動診断してくれて、適切な金利目処値や限度額予定をすぐに教えてくれる新しい個人向けの融資サービス。

即日審査即日融資も可能なので、急ぎの人でも安心です。

AIスコア診断をしてみる(無料)




当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ