どのテクニカル指標を使えばよいか

テクニカル指標は数多くあり、どのテクニカル指標を使用すればよいか迷ってしまいますよね。

ここではテクニカル指標はどの指標を用いるべきかということについて考えてみたいと思います。


テクニカル指標はみんなが見ている指標を使うべき

結論から言うと、当サイトではなるべくメジャーなテクニカル指標を使用することをおすすめしています。

メジャーなテクニカル指標を使用する理由はみんなが見ている(気にしている)指標だからです。

テクニカル指標を使って分析する意味は2つあると思っています。

1つはその指標およびその組み合わせから未来の株価を読み取ることです。これはできればよいですが、完全に未来の株価を予想することは不可能ですし次に同じ手法で同じ結果が得られるとは限りません。テクニカル指標を使って未来の株価を予想するというのはある意味占いに近い行為なのかもしれません。

ですが、ファンダメンタルズにより予測の難しい短期売買においてはテクニカル指標が頼りになるため全く見ないわけにはいかないという理由もあるためテクニカル指標を使って未来の株価を予想するという目的があります。

2つ目は同じテクニカル指標を見ている多くの人がテクニカル指標のサインで売買をしていることにより、本当にサインの通りに動く可能性があるという点です。実はこの点の方がテクニカル指標を使って売買することの意味は大きいのではないかと思います。

テクニカル指標のサイン通りに株価が変動しているのはテクニカル指標のサインに則って売買をしている投資家であるとすると、そのサインを知っておくことに意味はありますよね。

そしてその影響がより大きく精度が高くなるのは、より多くの投資家に参照され、サイン通りに売買する人が多いメジャーなテクニカル指標ではないでしょうか。


独自すぎるテクニカル指標では勝つのが難しい理由

株式取引は他社を出し抜いて上がる株を見つけないといけないと考えて、テクニカル指標もみんなが使っていないような独自の方法を考えてしまいがちですが、そのテクニカル指標をみんなが見ていないのでは価格変動の理由となる裏付けがありません。そのような方法だと一度はうまくいっても継続して利益を上げていくのは難しいかもしれません。

株価は美人投票です。なので多くの人が注目する株は基本的には上がっていきます。

なのでまずは「多くの人が見ていて売買の参考にする」という株価変動の理由があるメジャーなテクニカル指標を使ってサインを素早くとらえて売買するということを心がけてみることをおすすめします。



当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2


注目の新サービス

J.Score(スコアレンディング)

AIがスコアを自動診断してくれて、適切な金利目処値や限度額予定をすぐに教えてくれる新しい個人向けの融資サービス。

即日審査即日融資も可能なので、急ぎの人でも安心です。

AIスコア診断をしてみる(無料)




当サイトのおすすめFX会社

DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

サブコンテンツ

このページの先頭へ