SBI証券の分析ツール「チャートフォリオ」の特徴や見方

SBI1
SBI証券ではチャートの形状で銘柄の検索や絞込をするチャートフォリオというサービスがあります。

チャートの形状が上昇、下落のサインとなっていることはよくあるので、チャート分析に明るくない人でも気軽にチャートをもとに取引することができます。普段チャートをもとに取引している人も手間が少なくなったり新たな発見があるかもしれないので一度使ってみることをおすすめします。

本記事ではSBI証券のチャートフォリオの特徴やできることなどを紹介したいと思います。

チャートフォリオの特徴

  • 25種類のチャート形状から、銘柄を検索できる
  • 空売り可能銘柄に絞って検索できる
  • 気になる銘柄をすぐに取引可能

25種類のチャート形状から銘柄を絞り込める

SBI証券のチャートフォリオは、「上昇一服」「もみあい」「リバウンド」などチャートの形状から今後の値動きを分析し、25種類のチャート形状から銘柄を検索できるツールです。

チャート形状によって銘柄を絞り込むスクリーニング機能の一部という感じですね。

■チャートフォリオの画面イメージ
chartforio-sbi

チャートの形状は以下の25種類で、チャートフォリオではこれらの銘柄数が表示され、クリックすることで銘柄の詳細、注文画面へと進むこともできます。

結構たくさんあるので、チャート形状が示すサイン通りに値動きしたかチェックしてみるのも面白いかもしれませんね。

  • 上昇一服
  • そろそろ天井
  • 上昇
  • まだ上昇
  • 急上昇
  • 売り
  • 上昇ストップ
  • 上昇基調
  • 強含み
  • しっかり
  • 行って来い
  • 戻らない
  • もみ合い
  • 戻ってくる
  • リバウンド
  • 下押す
  • 弱含み
  • 下落基調
  • 下落ストップ
  • これから上昇
  • 急落
  • まだ下落
  • 下落
  • 下げ渋る
  • 下げとまった

人気が過熱している銘柄に空売りをしかけるも良いですし、底値を売ってこれから上がる銘柄を買うのも良いですね。

また保有中の自分の銘柄がチャート形状的にはどのような状態なのかで今後の保有方針を決める参考にもなります。

SBI証券は300万人を超える多くの投資家を抱えており、SBI証券のツールを利用している人も多いので、価格形成に影響がある可能性も十分あります。チャートだけで投資判断はしないまでも参考までに見ておくことは重要です。


空売り可能銘柄のみの絞込も可能

さらに空売り可能銘柄のみに絞り込むことも可能ですので、今後下げそうなチャート形状の銘柄を探し空売りをしたい時にも便利に絞り込むことができます。

SBI証券はHYPER空売りも可能なのでデイトレや空売りを仕掛けるには便利な証券会社といえます。

  • SBI証券のHYPER空売りサービスの特徴と対象銘柄

  • 空売り可否以外にも銘柄、市場、値動き幅、業種など様々な項目で絞り込むことができますので、自分が探している銘柄をチャート形状の観点で見つけることができます。

    使っているだけでも楽しいので、チャートの形状で取引してみようという人以外にも興味本位でも見てみると面白いと思いますよ。

    なお、チャートフォリオの利用はSBI証券の口座開設者限定となっていますので、利用するには口座開設が必要になります。

    >>SBI証券の口座開設(無料)


    チャート形状分析ツールが利用できる証券会社

    SBI証券のチャートフォリオのようにチャート形状を分析できるツールを利用できる証券会社はほかにマネックス証券松井証券があります。

    どちらも基本的な機能はSBI証券のチャートフォリオと同じで、チャートの形状をもとにスクリーニングを行うことができます。チャート形状の抽出条件は若干異なりますので、各社で結果は異なります。

    使い分けをしてみたり、自分のトレードと相性の良い証券会社のツールを探してみるのも良いですね。

    銘柄コードや銘柄名、業種、市場で絞り込むことができ、オリジナル業種で絞り込みができるのはマネックス証券松井証券のチャート計上分析ツールにはない機能です。

    この辺りはどの機能を使うか使う人によって使いやすいツールは変わってくると思いますので、一度各社のツールを使ってみて自分と相性の良いツールを見つけると良いですね。

    チャートフォリオは口座開設者のみ利用できるツールですので、口座を持っていない人はまず口座開設した後にチャート分析ツールを使ってみましょう。

    >>SBI証券の口座開設(無料)
    >>松井証券の口座開設(無料)
    マネックス証券の口座開設(無料)

    SBI証券と松井証券はそれぞれHYPER空売り、プレミアム空売りというIPO銘柄や新興市場銘柄など一般的には空売りができない銘柄を空売り可能にするサービスも提供しており、デイトレーダー向きの証券会社です。

    チャートフォリオもどちらかというと短期投資家向けのサービスといえますので、すべての証券会社に口座開設するのが面倒という人はまずはSBI証券と松井証券の口座開設すると良いと思いますよ。

  • SBI証券のHYPER空売りサービスの特徴と対象銘柄
  • 松井証券のプレミアム空売りの特徴

  • 当サイトのおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
    koushiki2

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
    koushiki2

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
    koushiki2

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
    koushiki2



    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ