カブドットコム証券の自動売買注文とUターン注文の活用方法

kabucom1
カブドットコム証券は自動売買の注文機能が数多くあり、ネット証券の中でも注文方法が豊富な証券会社です。

注文方法はリスク管理や行いたい売買を実現する上で非常に重要になり、手数料以上に重視している投資家も多いです。

本ページでは自動売買注文の中でもUターン注文の概要や活用方法を紹介します。

カブドットコム証券のUターン注文のしくみ

  • 買い注文と一緒に同じ銘柄の売り注文を同時に発注する注文
  • 現物取引、信用取引、先物オプション取引で利用可能
  • 通常の取引と同じ手数料がかかる

カブドットコム証券のUターン注文は、買い注文と一緒に同じ銘柄の売り注文も同時に発注することができる注文方法です。

ある価格で株を買った後、株価が100円上がったら売却したいなど投資戦略を組んでいる人もいると思います。

その場合通常は株が購入できた後に売却注文を発注する必要がありますが、Uターン注文ならこれを買い注文を入れる際に一緒に売却注文まで出すことができます。

■Uターン注文のイメージ
uturn-kabucom1

投資は株を売却して利益を確定するまでが一つの流れになりますので、短期売買やスイングトレードをする人にとっては買い注文と利益確定の注文を同時に出せるのは手間なくスピーディな売買をすることが可能になります。

Uターン注文は現物株取引だけでなく、信用取引、先物オプション取引でも利用することができます。

現物株取引は買い注文→売り注文のみとなりますが、信用取引や先物オプション取引は新規売り注文をすることができますので、新規買い→決済売りのほかに新規売り→決済買いの注文を出すことができます。

Uターン注文自体の利用料は無料(通常の売買注文と同じ手数料)ですが、取引手数料は通常通りかかりますので、Uターン注文の新規注文と決済注文が両方約定すると2回分の手数料がかかります。

  • カブドットコム証券の手数料・サービスを徹底研究

  • Uターン注文の活用方法

    Uターン注文は基本的には株の新規購入から売却までを一括で行うために注文を利用します。

    購入と売却(新規取引と決済取引)を一緒に行いたい時に、「500円で買って550円で売る」などと設定をして売買注文を一緒に出せます。

    また値動きが激しい株や目標の株価が購入価格と極めて近い場合などは、買った後手動で売り注文を出していると売買タイミングを逃してしまう可能性があります。

    このような場合にUターン注文を活用することで売買タイミングを逃さずに狙いの株価で自動的に売却することができます。注文を出した後は売却するまで何もする必要がなくなるので精神的なプレッシャーもなくなります。

    シンプルな条件ですので、汎用的に利用することができ自動売買の中でもかなり使い勝手の良い注文方法です。


    カブドットコム証券の自動売買注文の種類

    • 逆指値注文
    • W指値注文
    • ±指値注文
    • リレー注文
    • トレーリングストップ注文
    • 時間指定注文

    カブドットコム証券ではUターン注文以外にもネット証券で最も多い注文方法を用意しています。

    逆指値注文、W指値注文、±指値注文、リレー注文、トレーリングストップ注文、時間指定注文などがあります。

    逆指値注文は通常「買い注文は○○円以下、売り注文は○○円以上」のように指定した価格より有利な価格となった時に執行する指値注文の条件とは逆に「買い注文は○○円以上、売り注文は○○円以下」となった時に執行する注文です。損切りをする時に利用する注文方法です。

    W指値注文は指値注文と逆指値注文を同時に出す注文で、利益確定と損切りの注文を同時に出す注文方法です。

    ±指値注文は「始値・終値・約定価格」など一定の価格からプラスマイナスいくらになった時に執行する注文です。逆指値、W指値、リレー注文、Uターン注文など他の自動売買注文と組み合わせることもできます。

    リレー注文は最初の注文が約定した後に別の注文を発注する注文方法で、Uターン注文との違いはリレー注文は別々の銘柄の注文を出すことが可能な点です。A銘柄を売却した資金でB銘柄の株を購入するということが可能になります。

    トレーリングストップ注文は高値から一定の値幅で逆指値注文を出す注文で、高値が上がっていくと自動的に逆指値の価格も上げていく注文です。ロスカット注文を出しつつ高値を追いたい時に出す注文です。

    時間指定注文は「○時○分に発注」「現在時刻から○分後に発注」など時間を指定して注文を出すことができる予約注文のような機能です。

    覚えるのも大変なほど多くの自動売買注文がありますが、利用することで自然と覚えていきますので、逆指値やW指値など比較的シンプルな自動売買機能を利用しながら少しずつ覚えていくと良いですね。


    主要ネット証券の自動売買対応状況

    主要なネット証券の自動売買注文への対応状況はカブドットコム証券が最も多く、リスク管理に力を入れている投資家にとっては必須の証券会社といえます。

    ■主要ネット証券の自動売買対応状況

    証券会社成行指値逆指値W指値リレー
    注文
    Uターン
    注文
    ±指値時間指定
    注文
    トレーリングストップ
    SBI証券××××××
    楽天証券×××××
    マネックス証券×××
    カブドットコム証券
    松井証券×××××
    GMOクリック証券××××××
    岡三オンライン証券×××
    ライブスター証券××××

    カブドットコム証券はIPOの穴場でもありますので、サブ口座としてもぜひ持っておきたい証券会社です。

    >>カブドットコム証券の口座開設(無料)


    カブドットコム証券で手数料無料で取引する方法

    自動売買注文は便利ですが、カブドットコム証券は手数料が安いネット証券ではないので、手数料が気になる投資家の人は多いと思います。

    そんな人はカブドットコム証券で手数料無料する方法があります。それはフリーETFを取引することです。

    フリーETFは文字通り手数料無料で取引できるETFのことで、カブドットコム証券が指定した13銘柄はいつでもどれだけ売買しても手数料が無料になります。主要なネット証券ではカブドットコム証券だけが提供しているとてもお得なサービスです。

  • カブドットコム証券のフリーETF

  • フリーETFならどれだけ取引しても手数料がかからず手数料負けすることはありません。銘柄も国内外の株式や債券、不動産など様々な投資対象がありますので、インデックス投資家の人であれば満足できるラインナップになっています。

    値動きの激しい新興市場銘柄などを取引することはできませんが、自動売買注文を使ってみたい人はフリーETFで自動売買を体験してみてはいかがでしょうか。

    >>カブドットコム証券の口座開設(無料)


    当サイトのおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
    koushiki2

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
    koushiki2

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
    koushiki2


    注目の新サービス

    J.Score(スコアレンディング)

    AIがスコアを自動診断してくれて、適切な金利目処値や限度額予定をすぐに教えてくれる新しい個人向けの融資サービス。

    即日審査即日融資も可能なので、急ぎの人でも安心です。

    AIスコア診断をしてみる(無料)




    当サイトのおすすめFX会社

    DMM FXは、全20通貨ペアで業界最狭のスプレッドが魅力のFX会社で、取引コスト重視派の人には間違いなくおすすめです。
    高水準のスワップポイント、使いやすいツール、充実したサポートも魅力で、サービスの総合力が高く、FXを始めるならまずDMM FXです。
    限定で口座開設と取引で4,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中です。 koushiki2

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ