店頭FXと取引所FXの違いについて

最終更新日: 2014年6月11日

店頭FXと取引所FXの違いについてについて

FXには取引のしくみやルールの違いから店頭FXと取引所FXという2つのFXがあります。

現在主流となっているのは店頭FXですので、当サイトでは店頭FXについて説明や紹介をしていますが、取引所FXと店頭FXの違いについて紹介したいと思います。

本記事では店頭FXと取引所FXの違いについて以下の観点でそれぞれを説明していきたいと思います。

店頭FXと取引所FXの違い

  • 取引のしくみの違い
  • 取引ルールの違い
  • 手数料の違い
  • その他の違い
  • 取引のしくみの違い

    店頭FXと取引所FXの最大の違いは取引のしくみで、取引所FXが取引所取引なのに対して、店頭FXが相対取引となっていることです。

    取引所取引とは株式取引などと同様に売買を取引所で行うことで、投資家の注文は取引所でマッチングされて投資家同士が取引の相手方となる取引です。

    一方、相対取引は取引会社が売買を仕切っていて、取引会社が提示したレートをもとに投資家が売買をするので、取引は取引会社と投資家がすることになり、投資家の取引の相手方は取引会社となることが特徴です。

    取引所取引と相対取引の違い

  • 取引所取引
  • 取引会社は注文の受付をして取引所で投資家同士の売買が成立している。

  • 相対取引
  • 取引会社が投資家の注文の相手方となる取引。売りと買い双方で投資家と取引会社の売買が成立している。

    取引ルールの違い

    取引のしくみの違いから取引ルールも異なります。

    取引所FXは取引所が定めた取引ルールに基づき売買がされますが、店頭FXは取引会社ごとに定めたルールに則り売買がされます。

    一番の違いはレートの提示方法でしょう。取引所FXは株式取引などと同じく「板」があり、それぞれが取引したい価格に注文をいれていますので需給のっ状況などがわかります。株式取引などに慣れた方にはよいルールですね。

    一方の店頭FXは取引会社が提示したレートが表示されることになり、売りと買いのレートがそれぞれ提示されます。売りと買いは同じ値段ではなくスプレッドと呼ばれる差がありこれが取引会社の利益のもとになり、投資家が支払うコストになります。


    手数料の違い

    手数料の違いもあります。

    店頭FXはスプレッドはありますが、売買手数料は無料のところがほとんどです。

    一方、取引所FXは売買のたびに200円程度の手数料がかかります。取引会社ごとに値下げなどをしていますが取引会社は取引所に支払う手数料があると思われ、無料にすることはできません。

    スプレッドも手数料と同じくコストですが、スプレッド1銭で約100円のコストと考えることができます。

    店頭FXのスプレッドは1銭を切っている会社がほとんどという状況において、この約200円という手数料は取引所FXにおける大きなデメリットです。スプレッドが往復のコストを表しているのに対して、手数料は売買のたびにかかりますので往復で倍かかります。

    仮にスプレッドが0.5銭とすると、往復の売買コストは店頭FXが50円に対して取引所FXは400円と取引所が8倍高いコストと考えることができます。

    取引条件では店頭FXの方が断然よいというのが今の状況であり、当サイトで店頭FXを前提に説明をしているのもこのためです。


    その他の違い

    その他に今は違いがないのですが、2012年までは店頭FXと取引所FXには税制の違いがありました。

    以前は、取引所FXは申告分離課税で20%課税であったのに対し、店頭FXは総合課税で最大50%課税となっていました。総合課税となると給与所得などの税率が増加する可能性もあり店頭FXの税制は以前大変不利な状況でした。

    そのような状況から取引条件が有利な店頭FXに対して、取引所FXは税制優遇のあるFXとして人気となっていました。

    しかし、同じ金融商品でありながら税制が異なる状況にメスが入り、2012年より店頭FXも申告分離課税となりました。これにより他の商品との損益通算や損失の繰延控除なども可能になりました。

    取引所FXは税制優遇を失い、もともと取引条件の有利であった店頭FXに顧客が流れ、店頭FXが主流である現在に至ります。

    今後は取引所FXが取引条件を良くするなどして、主役の座に戻るかが注目ですが、しくみの違いから手数料を無料にするのが難しい取引所FXですので、そんなに簡単な話ではないのかもしれません。


    当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング


    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ