オプションの価格はどう決まる?オプション取引の価格について

最終更新日: 2014年6月11日

オプション取引の仕組みについてはなんとなく理解できたけど、オプションの価格ってどうやってきまるの?という疑問がある方も多いと思います。

そんな方のためにオプションの価格の決まり方について説明します。

理論上、オプションの価格変動の要因は対象資産の価格変動と時間の経過の2つです。この点を理解するだけでオプションがずっと身近になり取引の戦略も組みやすくなりますので、ぜひ一読ください。


オプションの価格はどう決まる?

オプションの価格は理論的には「本質的価値」と「時間的価値」で決まるといわれています。

本質的価値

本質的価値とは「対象原資産の価格-権利行使の価格」です。

日経平均株価が15,000円の時に日経平均を「14,000円で買う権利」がいくらかと考えるとわかりやすいですね。すぐに売ることを考えると14,000円で買って、15,000円で売ると1,000円の利益が出るのでこの権利には1,000円の価値があると考えるのが本質的価値です。

時間的価値

時間的価値は時間により対象資産の価格が変動するリスクです。オプション取引は対象資産の価格変動のリスクを売り手は買い手から引き受けています。権利行使日までの期間があるほどリスクも大きくなるので時間的価値は権利行使日が近づくにつれ小さくなり権利行使日に0になります。

この権利行使日に近づくにつれ、時間価値が減少することをタイム・ディケイといいます。


実際は・・・

実際はこれら2つの理論値をもとに取引所で投資家の需給によって値段が決まります。

新規にオプションが発行されたときは時間的価値が最大になっているので、理論上は価格が一番高くなっていて権利行使日が近づくにつれタイムディケイにより本質的価値(原資産価格-権利行使価格)に収れんする形で権利行使日を迎えます。

権利行使までの期間は対象原資産の値動きとタイムディケイを考慮しながら反対売買の機会をうかがいます。

理論上はオプションの価格は徐々に下がっていきますので、反対売買を前提にするとオプションの売り手にとっては有利に、買い手にとっては不利になっていきます。


まとめ

オプション取引の価格の決まり方について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

オプション取引の価格についてまとめ

  • オプションの価格は本質的価値と時間的価値で決まる
  • 本質的価値は対象資産の価格と権利行使価格の差で決まる
  • 時間的価値は時間経過による価格変動のリスクで権利行使日に0になる
  • オプション取引は対象資産の価格変動と時間の経過をもとに投資判断を行う
  • オプション取引の価格の決まり方は本質的価値と時間的価値を理解することが重要です。

    本質的価値は対象資産の価格と権利行使価格の差であり、時間的価値は権利行使日までの時間で、新規取引開始時が最大で権利行使日に向けて0になります。

    こう見ると理論上、オプションの価格変動の要因は対象資産の価格変動と時間の経過の2つだけであることがわかります。

    現実には需給の関係もありますが、そう考えると複雑なオプション取引もだいぶシンプルになりますね。

    うまく活用してオプションでリスク管理をしていきましょう。


    当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング


    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ