楽天証券で取引開始するまで(入金)

最終更新日: 2015年11月19日

楽天証券で取引開始するまで(資料請求)楽天証券で取引開始するまで(口座開設)で楽天証券で取引するまでの流れについてみてきました。

本記事では楽天証券の証券口座への入金までの流れについて紹介したいと思います。

楽天証券の証券口座への入金の流れ

WS000161

 入金方法の確認
まずは入金方法を確認しましょう。

楽天証券の入金方法は銀行振込、リアルタイム入金、マネーブリッジを利用したらくらく入金の3種類が用意されています。

マネーブリッジは楽天銀行との連携によって簡単な入金方法ですので、楽天銀行をお持ちの方はらくらく入金が最も便利に利用できます。楽天銀行をお持ちでない方は各提携銀行の口座からリアルタイムに入金が可能なリアルタイム入金を利用するのがおすすめです。

  • 楽天銀行と楽天証券の連携サービス「マネーブリッジ」の活用方法とメリット

  • それぞれの入金方法について見ていきたいと思います。

    銀行振込の場合

     振込先銀行口座の確認
    まずは銀行振込です。

    銀行振込による入金は楽天証券に登録した本人名義の銀行口座から楽天証券の指定口座へ振り込みを行うことで証券口座へ入金する方法です。

    楽天証券の指定口座は人によって異なるので、入金を行う前に振込先の銀行口座を確認しましょう。楽天証券のWEBサイトにログイン後、資産状況→入出金・振替→通常振込入金口座の画面にいくと、自分の振込先の銀行口座がわかります。

    楽天証券の画面
    rakuten-nyukin

     振込をする
    振込先の銀行口座を確認したら、ATMや窓口で本人名義の銀行口座から振込先銀行口座に振り込みをします。

    振込が完了すると、随時(最短当日)証券口座の買付余力に反映がされます。

    リアルタイム入金の場合

     対応金融機関の確認
    リアルタイム入金は各銀行のインターネットバンキングのしくみを使ってインターネット経由で証券口座に入金をするサービスです。

    楽天証券が対応している金融機関のインターネットバンキングサービスを利用できる方が使えるサービスですので、自分の銀行口座が対応しているかを確認しましょう。

    以下の金融機関が楽天銀行のリアルタイム入金対応の金融機関です。

    即時入金サービスに対応している銀行

    銀行名 サービス名
    楽天銀行 かんたん決済プラス
    ゆうちょ銀行 ゆうちょダイレクト
    みずほ銀行
    (みずほダイレクト)
    ネット振込決済サービス
    三菱UFJ銀行
    (三菱東京UFJダイレクト)
    ネット振込(EDI)
    三井住友銀行 SMBCダイレクトウェブ振込サービス
    セブン銀行 ネット決済サービス
    ジャパンネット銀行 リンク決済
     リアルタイム入金の実施
    リアルタイム入金サービスに対応していることを確認したら、入金の処理をしていきます。

    楽天証券WEBサイト内にログイン後、ホーム→リアルタイム入金→入出金・振替→リアルタイム入金と進むと、銀行の一覧が表示されますのでリアルタイム入金を行いたい銀行を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

    すると、各銀行のサイトへリンクしますのでその後は銀行ごとに画面の指示にしたがって入金処理を完了させましょう。

    入金が完了すると即時に楽天証券WEBサイト内の買付余力に反映されますので、買付余力に反映されることを確認しましょう。

    らくらく入金の場合

     マネーブリッジの登録
    らくらく入金は楽天銀行の口座と楽天証券の口座を連携させることで簡単に証券口座への入金を可能にするものです。

    楽天銀行と楽天証券を連携したサービスはいくつかあり、その総称として楽天銀行と楽天証券の連携を「マネーブリッジ」と呼ばれています。便利なサービスが多く揃っているので楽天証券ユーザは楽天銀行の口座を持っておくと色々便利です。

    らくらく入金を行うにはまず「マネーブリッジ」に登録をする必要があります。

    楽天証券内のマネーブリッジ紹介ページ内にある、「マネーブリッジ申込」ボタンを押してマネーブリッジの登録をします。

    マネーブリッジ登録画面(楽天銀行の画面)
    WS000191

     らくらく入金の実施
    マネーブリッジの登録が完了したら、入金の処理を実施していきます。

    楽天証券のWEBサイトにログイン後、資産状況→マネーブリッジ→らくらく入金と進みます。

    楽天銀行の残高が表示されますのでその範囲内で「入金額」の欄に入金したい額を入力し「確認」ボタンを押します。

    確認画面が表示されますので、内容を確認し問題なければ楽天証券のパスワードを入力して「振込」ボタンを押します。

    即時に入金が反映しますので、楽天証券口座内の買付余力に反映されていることを確認しましょう。

     入金完了
    今回の記事では入金方法について説明してきました。

    3種類方法があり、最短で即時、遅くとも翌営業日までには入金の処理は完了するかと思います。

    入金が完了したらいよいよ株を買っていきましょう。

    次回は取引について説明します。

  • 楽天証券で取引開始するまで(取引)


  • 注目の新サービス

    SBIネオモバイル証券

    SBIネオモバイル証券は「Tポイント」で株が買える日本初のサービスです。

    1株単位で株が購入できるので、500ポイント程度で投資が始められて、普段の生活でたまったポイントで有名企業の株主になることができます。

    月額200円で取引し放題になっていて、毎月200ポイントがもらえるので実質無料で取引し放題。

    サービス登録後、Tポイントの利用手続きをするだけですぐに取引できるので、Tポイントをためている人で投資に興味があるならぜひ利用してみてください。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    【公式】ネオモバイル証券




    当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ