2014年5月の大手ネット証券口座数・売買代金

2014年5月の大手ネット証券の売買代金の開示が出そろいました。

5月は後半になって相場が盛り返したため、一部のネット証券では売買代金が前月比プラスになっていますが、GWもあり全体的には売買が低調な月になりました。

各社の前月比を見ると、SBIが+1%、楽天が-2%、松井証券が-2%、マネックス証券が+9%、カブドットコム証券が-3%となりました。

マネックス証券が伸びているように見えますが、前月に1兆円を割るほどに落ち込んでいたものが回復したという状況です。そのため全体的には前月比横ばいから若干のマイナスになっています。

日経にも記事が載っています。

5月は相場戻り始めた月で、6月の初旬には1万5,000円を回復し、年末にかけて追加緩和や成長戦略の発表などによる再度の上昇が期待されます。

これから相場が良くなっていくことが予想されますので、売買も盛り上がってくるでしょうね。

2014年5月大手ネット証券の売買代金

証券会社 売買代金 前月比(%)
SBI証券 6兆8,534億円 +1%
楽天証券 2兆8,765億円 -2%
松井証券 2兆3,922億円 -2%
マネックス証券 1兆764億円 +9%
カブドットコム証券 1兆6,173億円 -3%

2014年5月大手ネット証券の口座数

証券会社 口座数 前月比 備考
SBI証券 2,944,000口座 2014年3月末時点
楽天証券 1,569,195口座 2013年9月末時点
松井証券 950,108口座 +3,973口座
マネックス証券 898,316口座 +1,359口座
カブドットコム証券 876,143口座 +3,173口座

参考:大手ネット証券の累計口座数(2014年3月末)

証券会社 口座数 備考
SBI証券 2,944,000口座 ※2014年3月末時点
楽天証券 1,569,195口座 ※2013年9月末時点
松井証券 942,005口座 ※2014年3月末時点
マネックス証券 894,640口座 ※2014年3月末時点
カブドットコム証券 869,044口座 ※2014年3月末時点



当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ