kabu.comカードの特徴と持っていると受けられる特典

kabu.comカードの特徴と持っていると受けられる特典

カブドットコム証券に口座を開設し、取引手数料を軽減したい場合はkabu.comカードの発行がおすすめです。

手数料キャッシュバックが魅力のクレジットカードのため、投資商品の運用コスト軽減に役立ちます。

ここではkabu.comカードの特徴、受けられる特典を紹介します。


kabu.comカードの特徴と持っていると受けられる特典

kabu.comカードの特徴

kabu.comカードの特徴

kabu.comカードは、カブドットコム証券の口座開設者のみ申込できるクレジットカードです。

取引履歴は特に必要ないため、開設のみでカード発行が可能です。一般カードとゴールドカードから選択でき、特典やサービス内容が異なります。

一般カードの年会費は初年度無料ですが、2年目以降は本会員で1,500円、家族会員で650円かかります。

家族会員は特典の対象外になるため、カード特典を利用したい場合は個別にカード発行を行いましょう。

ゴールドカードの年会費は10,000円です。家族会員は1名まで無料、2名以上は一人につき1,000円かかります。


kabu.comカードの特典

カードブランドは2018年現在、MUFGブランドです。三菱UFJニコスが発行する系列のクレジットカードで、商品交換やキャッシュバックに利用できるグローバルポイントが貯まります。

一般カードとゴールドカードの違いは、申込対象や利用可能枠、付帯サービス内容です。


kabu.com一般カードの特徴と特典内容

kabu.com一般カードは、18歳以上で安定した継続収入があるかたか、18歳以上の学生が対象のクレジットカードです。

利用可能枠は10万円から100万円で、審査により上限が変化します。

カブドットコム証券での特典は、毎月の取引手数料1.0%分の現金キャッシュバックです。


kabu.comゴールドカードの特徴と特典内容

kabu.comゴールドカードは20歳以上で安定した継続収入があるかたが申込対象です。

利用可能枠は50万円から300万円で、その内リボ払いや分割払い対象は50万円から100万円に設定されます。

利用可能枠は審査結果によって変化します。

カブドットコム証券での特典は、毎月の取引手数料1.5%分のキャッシュバックです。

ゴールドカードの特徴はローン金利優遇サービス、空港ラウンジサービス、最高5,000万円までの海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険、ショッピング保険が利用可能です。

空港ラウンジは成田国際空港、関西国際空港、中部国際空港などの国内主要空港の他、ホノルル国際空港が利用できます。

国内旅行傷害保険はホテル代金の支払をkabu.comカードで行うことが条件です。

ショッピング保険はカードで購入した商品を年間300万円まで補償するサービスです。購入日から90日間、破損や盗難などのトラブルに対応できます。

ゴールドカードは100万円以上の利用可能枠が欲しいかた付帯サービスを利用するかた、カブドットコム証券の手数料キャッシュバックを多めに受けたいかたにおすすめです。


kabu.comカードの申込方法

kabu.comカードの申込方法

kabu.comカードはカブドットコム証券のWebサイトから申込が可能です。スマートフォンやモバイル、電話での受付は行われていません。PC版サイトから申込できます。

Webサイトログイン後のマイページより、設定・申込を選択します。kabu.comカードのボタンを選択し、申込手続きを行いましょう。

一般カードからゴールドカードへの切替も可能です。切替手続きは三菱UFJニコス株式会社のWebサイトで行います。

MUFGカードWebサービスに登録後、ログインページのサービスメニューからゴールドカードへの切替や家族カード追加などの手続きが可能です。


kabu.comカードのメリット

kabu.comカードは一般のクレジットカードと同様に、ショッピングなどに利用できます。

一般カードは付帯保険やカード特有のサービスが少ないため、特典の多いクレジットカードを所有したいかたにはやや不向きです。

また年会費もかかります。カード保有にコストをかけたくない場合は年会費無料のカードがおすすめです。

kabu.comカードの最大の特徴は、カブドットコム証券の取引手数料が現金でキャッシュバックされることです。

取引手数料キャッシュバックで年会費以上の金額が戻ってくることもあるため、年間の取引手数料を計算した上で入会の検討を行うことをおすすめします。

取引手数料は店頭FXのみなし手数料も含まれます。現金キャッシュバックは証券口座に直接入金され、手続きや申込は不要です。

他の手数料割引と併用もできます。

現状、手数料キャッシュバック以外の特典は他のクレジットカードと大差ありません。

手数料キャッシュバックに魅力を感じるかたや、MUFGカードを持ちたいかたにおすすめのカードです。


まとめ

まとめ

ここまでkabu.comカードの特徴や特典について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • kabu.comカードにはカブドットコム証券の取引手数料キャッシュバック特典がある
  • クレジットカードのためショッピングにも利用可能
  • 一般カードとゴールドカードから選択できる

kabu.comカードは、カブドットコム証券の口座開設者限定のクレジットカードです。

カブドットコム証券のWebサイトから申込ができ、取引手数料キャッシュバック特典が主な特徴です。

ゴールドカードの場合は他にも付帯サービスがあり、旅行保険や空港ラウンジ利用など特別なサービスが利用できます。

一般カードはショッピング利用ができる普通のクレジットカードのため、カブドットコム証券の取引手数料を魅力に感じるかた向けのカードです。

一般カードもゴールドカードも年会費がかかるため、取引手数料キャッシュバック金額を計算した上で申込検討を行いましょう。

カブドットコム証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ