カブドットコム証券のNISA口座でIPO取引することができるか

kabucom1
カブドットコム証券は三菱UFJグループからの委託配分があるので、幹事団発表に乗らないいわゆる裏幹事になることが多く、IPOの取扱が多い証券会社です。

裏幹事なので申し込みが少なく、口座開設数もSBI証券マネックス証券よりも少ないので、IPOの穴場となっています。

  • カブドットコム証券のIPO抽選しくみと当選確率を上げる方法

  • このような理由でカブドットコム証券でIPO投資をしている人も多いと思いますが、カブドットコム証券のIPOをNISA口座で取引したい人もいると思います。

    カブドットコム証券のNISA口座でIPO取引できるか

    残念ながら、結論から言うとカブドットコム証券のNISAではIPOの取扱は不可となっており、IPO投資をNISA口座ですることはできません。

    IPO投資家のネット証券、証券会社にはSBI証券マネックス証券、日興SMBC証券はIPOをNISA口座で取引可能になっているので、どうしてもNISAでIPO投資がしたければこれら3社のうちのいずれかでNISA口座を開設してIPO投資をすると良いでしょう。

    証券会社 NISA対応
    カブドットコム証券 非対応
    SBI証券 対応
    日興SMBC証券 対応
    マネックス証券 対応

    カブドットコム証券でIPOをNISA投資したい人には残念ですが、対応していないことには取引しようがないので、仕方ないですね。

    とはいえ、IPOの抽選は当選確率がとても低いので、複数の証券会社から申し込みをして当選確率を上げるのがセオリーです。つまり、いつどの証券会社で当選するかはわかりませんので、当選しそうな証券会社にNISA口座を開設しておく必要があります。

    当選するだけでもすごくラッキーなので、最悪税金がかかってしまっても仕方ない部分ではあります。


    「NISAでIPO」におすすめの証券会社

    • SBI証券:IPOチャレンジポイントでいつか必ずIPOが当たる
    • マネックス証券:1顧客1抽選権の完全公平性の抽選システム

    NISAをIPOでする場合、当サイトのおすすめ証券会社はSBI証券かマネックス証券です。

    SBI証券はIPOの幹事に入る確率が7割超と高く、ほとんどの銘柄でIPOの抽選に参加できます。またIPOの抽選に外れるたびにIPOチャレンジポイントがもらえてポイントを使うことで使ったポイントが多い順に専用枠からIPOの配分をもらうことができます。

    理論上はいつか必ずポイントを使ってIPOをもらうことができることになりますので、SBI証券でNISA口座を開設してその時を待つというのも良いでしょう。

    マネックス証券は1顧客1抽選権となる完全平等性の抽選をするネット証券で、小口の投資家でもチャンスがある証券会社です。

    ネットでの当選報告も多い証券会社なので、運を天にまかせてマネックス証券でNISA口座を開設するのも良いでしょう。

  • SBI証券のIPOチャレンジポイントのしくみといつ使うべきか
  • マネックス証券のIPO抽選のしくみ

  • カブドットコム証券のNISA口座サービス

    メイン口座がカブドットコム証券でNISA口座を開設する人はIPOの代わりに投信の積み立てや株の積立をするのがおすすめです。

    ■カブドットコム証券のNISA口座サービスの概要

    項目 内容
    取扱商品 国内株式(現物株式)
    投資信託
    口座開設料 無料
    プチ株 対応
    IPO 非対応
    積立サービス 対応(ワンコイン積立)
    取引手数料 国内株:買付手数料無料(売却手数料は通常通り)
    投資信託:銘柄により異なる

    カブドットコム証券のNISAは国内株式と投資信託が対象商品となっていますが、カブコムは積立サービスが豊富ですので株でも投信でも積立をするのが使い勝手もよく便利になります。

  • カブドットコム証券のワンコイン積立(プチ株、投信)の特徴
  • カブドットコム証券のプチ株の特徴、手数料とメリット

  • またカブコムではNISAでの株の買付手数料が無料になっていますので、通常口座で取引するよりもお得になっています。(売却手数料は通常の株式手数料と同じ)

    売却手数料は有料になりますが、毎月コツコツと積み立てて売却するときは一括とすればかかる手数料はかなり安く抑えることができます。積立投資を想定しているNISA口座の手数料としては理にかなっている形になっています。

    SBI証券、楽天証券など国内株取引の手数料を完全無料としているネット証券と比べると見劣りしますが、気にするほどでもないというのが印象です。

    なお、フリーETFもNISAの対象となっており、もちろん手数料は売却も含めすべて無料になっていますので、投資コストを重視するならフリーETFに投資すると良いでしょう。

    IPOに投資できない、売却時に手数料がかかる点が気になる人はやはり上述したSBI証券やマネックス証券に口座開設し、カブコムの便利な積立サービスをNISAで利用したい人はカブドットコム証券でNISA口座開設されると良いと思います。

    >>SBI証券の口座開設(無料)
    マネックス証券の口座開設(無料)
    カブドットコム証券の口座開設(無料)


    当サイトのおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
    koushiki2

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
    koushiki2

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
    koushiki2

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
    koushiki2



    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ