マネックス証券のログイン方法とマイページでできること、ログインできない原因

マネックス証券のログイン方法とマイページでできること、ログインできない原因

マネックス証券には多彩なツールやアプリがありますが、ログイン方法は共通です。また通常のログインに加えてMYログインなどのオプションサービスが展開されていることも特徴です。

ここではマネックス証券のログイン方法やマイページでできること、ログインできない場合の原因についてまとめました。


マネックス証券のログイン方法とマイページでできること

マネックス証券のログイン方法

マネックス証券のログイン方法

マネックス証券のログインには、ログインIDとログインパスワードを利用します。

PCサイト、スマートフォンサイト、アプリなどすべて同様のログインID、ログインパスワードでログインが可能です。

ログインIDとログインパスワードは口座開設時にマネックス証券から付与されますが、ログインパスワードは初回ログイン後変更も可能です。

マネックス証券ではセキュリティを強化したMYログインも可能です。利用は無料ですが、MYログインを利用する場合は申込を行います。


MYログインの申込方法

MYログインはログイン後マイページのお客様情報確認・変更画面から契約申込ができます。

秘密の質問の回答と、登録設定を行います。普段ログインする環境では秘密の質問は表示されませんが、通常と異なる端末や環境でアクセスがあった場合は秘密の質問が追加されます。

秘密の質問は3種類設定し、2回間違った場合は質問が変化するしくみです。契約解除はいつでも可能です。


マネックス証券のWebサイトでできること

マネックス証券Webサイトにログインすると、各種商品の取引が可能です。現物株式、信用取引、外国株取引、投資信託、債券、FX、先物・オプション取引など様々な取引ができます。

入出金手続きや残高照会にも対応しています。また顧客情報の確認や変更、資産や投資商品の確認もマイページ内で行うことができます。

マイページでは預り資産の表示の有無やメニューのお気に入り設定も可能です。

自動ログアウトを停止すると、最後の操作から30分以上経過した場合でもログアウトされません。

各取引サービスにチェックを入れ、FXや外国株取引、くりっく365などのログインリンクを表示させることもできます。


マネックス証券のスマートフォンサイトでできること

マネックス証券のスマートフォンサイトでできること

マネックス証券のスマートフォンサイトでは、Webサイトに比べてできることが限られます。

スマートフォンでの取引はアプリでも対応しているため、必要に応じて専用アプリをダウンロードしましょう。

スマートフォンサイトにログインすると、残高照会や株式、投資信託、債券、外国為替取引、信用取引が利用可能です。

取引だけではなく投資情報の確認もスマートフォンサイトで利用できます。


マネックス証券のアプリでできること

マネックス証券のアプリにはいくつか種類があり、総合的な取引に対応したマネックス証券アプリの他に、各取引に特化したタイプのアプリが展開されています。

マネックストレーダー株式は株取引に特化し、マネックストレーダーFXではFX取引が可能です。先物取引ができるマネックストレーダー先物や、米国株取引に特化したトレードステーション米国株もあります。

入出金や資産管理、投資情報の閲覧なども行いたい場合はマネックス証券アプリを利用しましょう。

取引する項目が決まっている場合は、専用アプリが最適です。


マネックストレーダーでできること

マネックストレーダーはPCで利用できる取引ツールです。

ログイン後のマイページでは4種類の注文に対応している他、銘柄情報の詳細確認やチャートの利用もできます。

Webサイトよりも詳細な情報を確認したい場合や、スピーディーな注文や情報確認を行いたい場合に適しています。

利用料は無料で、利用申込後ダウンロードするだけでログインが可能です。


マネックス証券にログインできない場合の原因、対処法

マネックス証券にログインできない主な原因

マネックス証券にログインできない主な原因

マネックス証券でログイン時に利用するIDやパスワードは、半角英数字で設定されています。ログインIDは数字のみ、ログインパスワードは半角英数または記号です。

ログインIDは初期設定から変わらないため、口座開設時の案内を確認するとIDが分かります。

ログインパスワードは初期設定から変更が可能で、変更後は自分で管理が必要です。ログインできない場合はログインIDやログインパスワードの間違いが考えられます。

PCの設定で半角英数が入力できているか、大文字小文字の区別などを確認し、再度入力を行いましょう。

マネックス証券ではログインIDが7文字から10文字、ログインパスワードは6文字から10文字で設定されています。

旧マネックス証券ではログインパスワードが8文字以下に設定されていたため、合併前に口座開設した場合は先頭から8文字のみが反映されます。

9文字以上で設定した記憶があるかたは8文字目まで入力してみましょう。

一定回数ログイン情報を間違えている場合、その後正しい情報を入力してもログイン制限がかかっています。制限がかかっている場合はパスワードの再設定などが必要です。

一定時間をおくと制限が解除されますが、早くログインしたい場合はパスワードの再設定で対処しましょう。Web手続きで再発行を行う場合は当日中に手続きが可能です。


ログインIDやパスワードに間違いがない場合

パスワードの変更などに心当たりがなく、ログインエラーが続く場合はシステム障害の可能性があります。

マネックス証券のシステム障害情報を確認するか、問い合わせを行いましょう。

システム障害が発生している場合、特定の端末やツールのみ利用できないこともあります。他のツールで取引できる場合は、別の端末やツールから試してみましょう。

特に障害が発生していない場合はログインIDやパスワードに原因がある可能性が高いため、パスワード再設定などで対応しましょう。

ログインIDが分からない場合は登録住所宛に郵送で通知が可能です。ログインパスワードが分からない場合はWeb手続きで再設定できます。


マネックス証券のパスワード再設定方法

マネックス証券のパスワード再設定方法

マネックス証券でログインパスワードを再設定するには、Web手続きか郵送手続きを選択できます。

マネックス証券にメールアドレスを登録し、利用できる場合はWeb手続きが可能です。

Webでのログインパスワードの再設定には、ログインIDまたは口座番号、生年月日、登録メールアドレスが必要です。

登録メールアドレス宛に認証番号とログインパスワード再設定手続き画面へのリンクが記載されたメールが届くため、手続きを行いましょう。

再設定手続き完了後はすぐに新しいパスワードでログインが可能です。

郵送での手続きの場合は、マネックス証券に「ログインID・口座番号・パスワード・暗証番号照会依頼書」を送付します。

書類はマネックス証券WebサイトのヘルプページからPDF印刷が可能です。


MYログインでログインできない場合

MYログインを利用している場合、接続環境によっては秘密の質問の回答が必要です。秘密の質問の回答を忘れた場合、一定回数間違えるとロックがかかります。

MYログインの秘密の質問はパスワードと異なりログイン前の状態で再設定ができないため、ロックがかかった場合はカスタマーサービスセンターに連絡が必要です。

ロック解除の手続きはカスタマーサービスセンターで行うことができます。

MYログインの契約解除はマイページから可能で、登録設定している端末からアクセスした場合は秘密の質問の入力が不要です。


まとめ

まとめ

ここまでマネックス証券のログイン方法やログインできない場合の原因について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • マネックス証券ではログインIDとログインパスワードでログインが可能
  • PCではWebサイトや取引ツール、スマートフォンではサイトやアプリで取引が可能
  • ログインできない場合はID、パスワード間違いやシステム障害が考えられる

マネックス証券では口座開設時に付与されるログインIDとログインパスワードでログインができます。パスワードは初期設定から変更が可能です。

Webサイトでは全般的な取引や設定、入出金手続きなどマネックス証券でできる取引にすべて対応しています。

スマートフォンサイトは可能な取引が限定されるため、スマートフォンで取引を考えている場合はアプリの利用がおすすめです。

マネックス証券では全般的な取引や設定ができる総合アプリの他、株取引、FX取引などに特化した取引アプリも提供されています。

もしログインができない場合はログインIDやパスワード間違い、端末の設定に原因があると考えられます。

心当たりがない場合にはシステム障害の可能性もあるため、障害情報を確認してみましょう。

障害は特定の端末やツールで発生していることも多いため、アクセス環境を変更するとログインができるケースがあります。

パスワードなどの間違いでログインできない場合は、パスワード再設定を試してみましょう。

マネックス証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ