楽天証券のマネーブリッジの特徴やメリット、登録方法

楽天証券ではマネーブリッジを使うことができます。

マネーブリッジは、楽天証券と楽天銀行の連携サービスのことです。

マネーブリッジの特徴やメリットについて見ていきましょう。


楽天証券のマネーブリッジの特徴とメリット

楽天証券 ポイント

楽天証券と楽天銀行の連携サービスを、マネーブリッジと呼びます。

マネーブリッジは別途設定が必要になりますが、契約者のみのメリットが多数用意されています。

申し込みは無料で、楽天銀行の口座と楽天証券の口座が開設済みの個人であれば誰でも利用することができます。

マネーブリッジのメリットとは

マネーブリッジのメリットは複数あります。

設定直後から利用できるものと、一定の時間が経過した後に適用されるものがあります。

優遇金利の適用

楽天銀行に預けている普通預金の金利が、楽天銀行の通常金利の5倍になるサービスです。

楽天銀行の金利は2017年12月時点で年0.02%に設定されています。

マネーブリッジ利用者の場合は年0.10%となるため、定期預金に預けなくても高金利で資産を運用することができます。

優遇金利の適用はマネーブリッジを設定した月の翌月からです。

らくらく入出金が利用可能

楽天証券にはいくつかの入出金方法がありますが、マネーブリッジを設定すると楽天銀行を利用したらくらく入金・出金が行えます。

らくらく入金の最大のメリットは、銀行のWebサイトへのログインやID・パスワードの入力が必要なくなることです。

楽天証券のページからスムーズに入金処理が行えるため、入金手続きを簡素化することができます。

らくらく出金はリアルタイムで出金が可能になるため、通常の振込出金に比べて現金が受け取れる時間が早まります。

出金処理も楽天証券のWebサイトで完了します。

自動スイープ入出金が利用可能

設定をオンにすることで、自動スイープ入金・出金が利用できます。

自動スイープ入金は投資商品買付時に楽天銀行から資金が自動で入金されるシステムです。

入金手続きが不要になるため取引がスムーズに行えます。

また自動スイープ出金は毎営業日の夜間に、楽天証券の資産が楽天銀行に振り込まれるシステムです。

自分で利益を出金する必要がないため、出金手続きを行わずにATMから現金を引き出すことができます。

ハッピープログラムが利用可能

マネーブリッジ設定後、エントリーを行うことでハッピープログラムを利用することができます。

ハッピープログラムは楽天サービスの利用で楽天スーパーポイントが貯まるサービスです。

楽天証券の取引を行うと、ハッピープログラムでも楽天スーパーポイントが貯まります。

また取引件数に応じて楽天銀行のATM手数料が無料化するなど、ポイント以外の特典も用意されています。

楽天証券内で楽天銀行の残高表示が可能

楽天銀行の普通預金残高が、楽天証券のマイページ内で表示されるようになります。

このシステムにより、楽天銀行のWebサイトの残高を確認する必要なく入出金が行えます。

マネーブリッジを設定した時点で残高表示が行われるため、別途設定は必要ありません。

投資あんしんサービスが利用可能

投資あんしんサービスはマネーブリッジ利用者のみが活用できるシステムです。

信用取引を行っているかたが対象です。

取引の途中で追証が発生した際に自動で楽天銀行から振替を行うことで、取引の終了を防ぐことができます。

毎日取引の状況を確認できないかたでも、楽天銀行に資産を用意しておけば予期せぬ取引の強制終了を予防できます。

また設定を細かく行うことができ、信用維持率や預かり金の不足時にいつ自動振替を行うか事前に決めることが可能です。

また自動振替時に楽天銀行の残高が不足していた場合、再度当日15時頃に振替を行う自動振替再請求サービスも設定できます。

このサービスを設定することで、信用維持率の低下や預かり金不足による問題を解消できます。

このサービスは自分で設定を変更できるため、必要のない時は設定を外すことで対応可能です。


楽天証券のマネーブリッジの登録方法

一般信用売り 確認方法

まず、マネーブリッジの登録方法から見ていきます。

マネーブリッジの登録方法

マネーブリッジの登録は、楽天証券のWebサイトまたは楽天銀行のWebサイトから行うことができます。

この時、楽天証券と楽天銀行両方の口座が開設されていることが条件です。

どちらの口座も開設していない状況であれば、同時開設を行うことで入力の手間が省けます。

なお、マネーブリッジはPCサイトからのみ申し込みを受け付けています。

楽天銀行でマネーブリッジを登録する

楽天銀行のマイページに、マネーブリッジのメニューがあるため選択します。

マネーブリッジ申込のボタンをクリックすると申し込み手続きが行えます。

必要事項を入力後、楽天証券にログインし申し込みを完了します。

楽天証券でマネーブリッジを登録する

楽天証券のマイページで設定・変更を選択します。

ポイント・楽天銀行連携をクリックすると、マネーブリッジ申込のボタンが現れます。

楽天銀行でログインし、申し込みを行います。

マネーブリッジを登録する際のポイント

楽天証券と楽天銀行の氏名、生年月日、住所が同じ口座でマネーブリッジの申し込みが可能です。

以前にどちらかの口座を作り、後からマネーブリッジを登録しようとしている場合、住所の変更や苗字の変更がないか確認しておきましょう。

不一致の項目があるとエラーが発生し申し込みが行えないため、事前に確認が必要です。

変更があった場合は変更手続き完了後にマネーブリッジの申し込みが行えます。

マネーブリッジの申し込み完了後の設定

マネーブリッジは原則営業日の17時までに申し込みを行うと当日19時以降に設定が完了します。

もし17時以降の申し込みを行った場合は、翌営業日の19時以降です。

サービスの利用開始は、楽天銀行のメッセージボックスに設定完了通知が送られてきてからとなります。

投資あんしんサービスなどを利用する場合は、別途設定が必要となります。

自動スイープ入出金は2017年12月時点の申し込みの場合自動でオンに設定されているため、不要な場合は設定の解除を行いましょう。


まとめ

マネーブリッジについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 楽天証券のマネーブリッジは、楽天銀行と楽天証券の連携サービス
  • 申し込むことで優遇金利などのメリットがある
  • 登録はウェブサイトから行える

楽天証券のマネーブリッジについて見てきました。

楽天銀行と楽天証券を連携するサービスで、申し込むことで複数のメリットがあります。

ウェブサイトから手軽に申し込めるため、楽天証券を利用している場合はおすすめです。

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ