SBI証券で取引開始するまで(資料請求)

最終更新日: 2015年12月2日

ネット証券で取引を開始するまでの一般的な流れで一般的な口座開設から取引までの流れを紹介しました。

流れとしては資料請求、口座開設、入金、取引という流れになります。

それでは具体的に各証券会社でどのような取引までの流れになるのかを見ていきたいと思います。

本記事ではSBI証券の資料請求について説明したいと思います。

SBI証券の資料請求の流れ

WS000160

 資料請求ページへのアクセス
まずSBI証券の資料請求画面にアクセスしましょう。

SBI証券の資料請求ページ

すると下のような画面が上がりますので、その中の「口座開設はこちら」ボタンを押下して次からの必要事項の入力に進みます。

SBI証券の画面
WS000163

 基礎情報の入力
資料請求画面が表示されたら各種必要な情報を入力していきます。

まず氏名や生年月日、住所などの入力です。決められた項目に必要情報を入力していきましょう。

SBI証券の資料請求画面
WS000155

 特定口座の開設有無を選択
基礎情報を入力したら、特定口座の開設有無を選択します。

特定口座を開くと、納税の処理が簡単になるのでよくわからないという方は特定口座(源泉徴収あり)を選択するのがおすすめです。

なお、特定口座(源泉徴収あり)を選択した方でその年に引っ越し等で住所が変わっている方は、1月1日時点の住所があった都道府県を選択します。これは住民税の納税先の確認のために必要な確認ですね。

SBI証券の資料請求画面
WS000164

 NISA口座の開設有無を選択
次にNISA口座の開設有無を選択します。

NISA口座は年間100万円までは投資で得た利益が非課税になる口座ですので一緒に開設するのがおすすめです。

SBI証券の資料請求画面
WS000165

 金融商品取引業者および反社会勢力者でないことの確認
次に本人および世帯主が金融商品取引業者に勤務していないかの確認です。また反社会勢力者でないことの確認です。

金融商品取引業者に勤務している方および反社会勢力者の方は口座開設が普通の方法ではできませんので、該当しない方のみ金融商品取引業者および反社会勢力者でないを選択して次に進みましょう。

SBI証券の資料請求画面
WS000166

 FX口座の開設有無を選択
次にFX口座の開設有無を選択します。SBI証券でFXも取引したいという方は一緒に開設するを選択しましょう。

なお、口座開設後にFX口座を開設することもできますので迷っているという方は、「開設しない」を選択して次へ進みましょう。

SBI証券の資料請求画面
WS000167

 住信SBIネット銀行口座の開設有無を選択
次に住信SBIネット銀行の口座開設をするかどうかを選択します。

住信SBIネット銀行はSBI証券と非常に相性がよく、銀行口座の残高を自動的に証券口座の余力にあてることができる「SBIハイブリッド預金」や住信SBIネット銀行のWEBサイトでSBI証券の残高情報が見れたりと便利なサービスがありますので、気になる人は開設するを選択しましょう。

SBI証券の資料請求画面
WS000168

ここまでで入力は完了です。あと少しです。

ここまでの入力内容を確認して画面下の「次へ」ボタンを押しましょう。
WS000169

 電子交付サービスの承諾、重要書類の同意
続いて各種規定や書面の確認です。

SBI証券の書類を電子的に確認しますよという電子交付サービスおよび約款等の重要書類を確認します。

確認後、確認をした旨および同意をする旨をチェックボックスでチェックしましょう。

SBI証券の資料請求画面
WS000170

 住信SBIネット銀行関連の書類の確認
住信SBIネット銀行の口座開設も希望する方は住信SBIネット銀行の重要書類の確認が必要になります。

こちらもSBI証券の書面同様、確認後、確認をした旨および同意をする旨をチェックボックスでチェックしましょう。

ここまで完了すると申し込みはほぼ完了です。「確認画面へ」ボタンを押して入力内容の確認画面に進みましょう。

SBI証券の資料請求画面
WS000171

WS000172

 入力内容の確認と口座開設申し込み方法の選択
最後に入力内容の確認画面で内容を確認します。

そして口座開設方法をオンラインにするか郵送でするかの選択をします。

本人限定受取郵便が受け取ることができる方はオンラインで口座開設をするを選択しましょう。オンライン口座開設では申し込み当日に口座開設が完了します。

本人限定受取郵便を受け取ることが難しい方は、郵送で口座開設するを選択しましょう。

口座開設方法を選択したら、「この内容で申し込む」ボタンを押しましょう。

WS000173

WS000174

 資料請求完了
「この内容で申し込む」ボタンを押すと、資料請求は完了です。お疲れ様でした。

資料請求ができたら資料の到着を待ちましょう。資料は数日で登録した住所に届きます。この画面は長いですが、実際に入力すると2,3分で完了しますよ。

資料請求が完了したら、口座開設は終わったようなものです。この後の記事ではSBI証券の口座開設を完了させ、その後の入金、取引の方法を説明していきたいと思います。

  • SBI証券で取引開始するまで(口座開設)
  • SBI証券で取引開始するまで(入金)

  • これから資料請求をする人は以下の資料請求ページから早速資料請求してみましょう。
    >>SBI証券の資料請求

    また実際に株取引をして勝つための方法や勉強の仕方などは以下で紹介していますので、参考にしていただければと思います。

  • 株の始め方と初心者が株で勝つ方法

  • 当サイトおすすめネット証券

    SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

    手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

    当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

    SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

    カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

    手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

    人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

    カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

    マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

    株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

    また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

    マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

    楽天証券

    楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

    口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

    高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

    楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

    IPO投資におすすめの証券会社

    IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

    人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

    当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

    IPO投資におすすめ証券会社ランキング


    注目の新サービス

    WealthNavi(ウェルスナビ)

    最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

    中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

    ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

    預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

    手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

    ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



    サブコンテンツ

    このページの先頭へ