カブドットコム証券のIPO抽選結果の確認方法、結果が出るタイミング

カブドットコム証券のIPO抽選結果の確認方法、結果が出るタイミング

未上場企業の新規公開株(以下IPO)を購入する方法はいくつかありますが、カブドットコム証券などのネット証券会社では、コンピューターによる無作為な抽選で割り当てられるのが一般的です。

この記事では、カブドットコム証券のIPO抽選を購入する方法、およびIPO抽選結果を確認する方法や結果が出るタイミングについて紹介します。


カブドットコム証券のIPO抽選結果の確認方法、結果が出るタイミング

カブドットコム証券のIPO抽選結果の確認方法、結果が出るタイミング

カブドットコム証券は、IPOの取扱数が年によって10~40前後で、2017年は27社の取扱実績があります。比較的多くのIPOを取り扱っています。

野村証券や大和証券などの大手証券会社でIPOを購入する場合は、預かり資産や取引量の多い優良顧客に対し裁量配分されるため、投資資金の少ないかたが当選する確率はとても低くなります。

カブドットコム証券を購入する時にも抽選以外の配分がありますが、カブドットコム証券のIPO抽選は、ほぼ100%自動で無作為な抽選が行われます。

抽選は一人につき一票のみです。そのため、資金が少ないかたにも、当選のチャンスがあります。機関投資家はカブドットコム証券のIPOを購入できません。

カブドットコム証券のIPO抽選結果を確認するには、Webサイトにログイン後、トップページの「お取引」から「IPO」をクリックまたはタップし、「新規公開株申込照会」を見ましょう。

事前に電子メールによる自動通知サービスを申し込むと、抽選結果などのIPOに関する情報をメールで受け取ることができます。

自動通知サービスの利用料は無料です。メールアドレスは最大2つまで登録できます。パソコンとスマートフォンで登録するなど、有効活用しましょう。

メールアドレスの登録・追加・削除は、マイページの「お客様基本情報」より「連絡・通知先設定」のページで行いましょう。登録できたかどうかを確認するため、テスト通知が利用できます。

IPOの抽選に参加すると、口座の資金が凍結されます。落選した場合は資金の凍結が解除されるため、そのことにより抽選結果を確認することもできます。

IPO抽選の当選倍率や、抽選経過については一切非公開です。カブドットコムのお客様サポートに問い合わせても、答えてもらえません。

IPO抽選の抽選日は、新規公開株申込照会ページを開き、「銘柄名をクリック」をクリックまたはタップすると、確認できます。

抽選結果が公表されるタイミングは、抽選日の12時~13時ごろです。Webサイトへの反映、メール通知が速やかに行われ、資金の凍結が解除されます。


カブドットコム証券のIPO抽選の申し込みから抽選結果発表までの流れ

カブドットコム証券のIPO抽選の申し込みから抽選結果発表までの流れ

IPO抽選の申込は、「ブックビルディング申込」と「最終購入申込」の2段階に分かれています。先にブックビルディングの申し込みを完了しましょう。

ブックビルディングとは、需要申告のことです。1週間程度の需要予測期間に仮の価格帯や割引率が提示されます。それを元に、投資家はその条件の範囲内で何円で何株買いたいかを申し込む制度です。

申し込む金額は自由ですが、スマホによる不用品オークションのメルカリなど知名度や人気の高いIPOは、投資家の人気が集中します。そのような銘柄は、上限額で申し込みましょう。

カブドットコム証券のブックビルディングは、「らくらくBB」と呼ばれます。らくらくBBに参加する条件は、以下の三つです。

  • カブドットコム証券の証券口座を開設していること
  • 「らくらく電子交付」を申込済み
  • Web取引が可能

ブックビルディングの期間が終了すると、IPOの発行価格が決定されます。ここで、ブックビルディングで申告した金額が成行あるいは発行価格以上の時のみ、最終申込手続きに進むことができます。

もし、決定されたIPO価格に不満がある場合は、申込をキャンセルすることができます。キャンセルしない場合は、そのまま目論見書の記載事項を十分に確認し、申込期限内に申し込みましょう。

最終申込期間は、数日です。申込期限を過ぎた場合は権利放棄となるため、注意しましょう。申し込みが完了すると、抽選は自動で行われるため、当選結果を待つだけです。

抽選の経緯は公開されませんが、抽選方法はカブドットコム証券のWebサイトより確認できます。

カブドットコム証券のIPO抽選方法は、まず受付番号順に並べられます。次に、コンピューターが無作為に作った乱数が、各受付番号に割り当てられます。その乱数順に、受付番号が再度並べられます。

カブドットコム証券のIPO販売数が申込者数を下回った場合は、乱数が小さい順から、IPOが1単位ずつ割り振られます。この場合、仮に10単位申し込んだかたがいても、平等に全員が1単位ずつのみの購入となります。IPOを受け取れない人も発生します。

カブドットコム証券のIPO販売数が申込者数を上回った場合は、同様に乱数が小さい順からまずIPOが1単位ずつ割り振られます。そして余ったIPOは、再度乱数が小さい順に配分されていきます。

この場合は、最低でも全員が1単位以上購入することができます。複数単位申し込んだかたは、2単位以上のIPOが当選するチャンスがあります。

これら一連の抽選のプロセスは、完全にシステム化されています。カブドットコム証券の取引実績や口座残高などは関係ありません。

IPOは、金融商品取引法の規定により、空売りが禁止されています。もし信用売りをしていたら、自動的に落選となります。売却できるのは、上場日前営業日の16時以降です。


まとめ

まとめ

カブドットコム証券のIPO抽選結果を確認する方法や結果が出るタイミング、申込から抽選結果確認までの流れを説明しました。まとめると以下の通りです。

  • カブドットコム証券のIPO抽選はほぼ100%無作為に行われる
  • 抽選結果はWebサイトまたは自動通知サービスにより確認できる
  • ブックビルディング申込、最終購入申込ともに数日程度の申込期限内に申し込む必要がある

カブドットコム証券のIPO抽選は、大手証券会社と違いほぼ100%無作為に行われ、IPOの取扱数も多いため、人気が高いです。抽選結果は、Webサイトで確認できるほか、事前に申し込んだ自動通知サービスにより、メールで結果を受け取ることができます。

IPO抽選の申込は、らくらくBBと呼ばれるブックビルディング申込と、最終購入申込に分かれています。最終申込を行った後、コンピューターによりシステム化された自動抽選が行われ、その日の12時~13時ごろに抽選結果が判明します。

カブドットコム証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ