楽天証券はMacでも使える?各サービスのMacへの対応状況と注意点

楽天証券はMacでも使える?各サービスのMacへの対応状況と注意点

Macユーザーの割合は5~10%の間を推移していると言われていますが、Windowsに比べてMacに対応していないソフトウェアやツールが多いのが実情です。証券会社のツールもその一つで、Macを所持するトレーダーから不満の声が出ていました。

そんな中、Macに対応したトレーディングツールに、国内の証券会社でいち早く着手したのが、楽天証券です。どのようなツールが使えるのか、そしてMacでWindowsと同じようなサービスが使えるのかについてまとめました。


楽天証券はMacでも使える?各サービスのMacへの対応状況と注意点

楽天証券はMacでも使える?各サービスのMacへの対応状況と注意点

楽天証券を含めたネット証券で、ブラウザ上の取引はどの証券会社でも可能です。しかし、ツールを使う方が便利でスピーディーに取引できるため、多くのかたがツールを使用して取引しています。

しかしながら、Windowsのみで使えるツールばかりで、Macユーザーはブラウザで取引せざるを得ない時期が長く続いていました。

ところが、楽天証券は業界に先駆けて2014年末に、Macに対応したマーケットスピードを開始しました。Macユーザーが増えてきたため、その要望に応えるためです。

2015年にはさらに機能を充実させたバージョン2がリリースされ、iPhoneやiPadなどとの連携がよりスムーズになり、マーケットスピードで登録したお気に入り銘柄をWebサイトやiPhone、iPadでも確認できるようになりました。

これにより、口座管理をMacパソコンで行い、iPhoneやiPadで取引を行うことが容易になりました。ただしiPhoneやiPadにマーケットスピードはインストールできず、代わりにiSPEEDをインストールして使いましょう。

楽天証券の取引ツールがMacに対応して以降、GMOクリック証券などもMacに対応していますが、多くの証券会社のツールはMacに対応していないか、部分的にしか対応していません。

Macに対応したマーケットスピードは、2015年のバージョンアップで発注機能も搭載したことにより、それ以降はWindowsのマーケットスピードと同等の性能を持っています。さらに、デザインがMacユーザー向けに刷新されました。

Mac版とWindows版とでは画面構成や配色などが異なり、Mac版のマーケットスピードの方がスタイリッシュ感があります。例として注文ポップアップを使うことにより、常に画面にぴったり合うようにサイズがカスタマイズされます。

これは、Macユーザーの多くがデザインの良さにこだわっていることを楽天証券が考慮した結果です。事実、デザイナーの多くがWindowsではなくMacを使用しています。


Mac版マーケットスピード

Mac版マーケットスピード

Mac版マーケットスピードは、App Storeから無料でダウンロードできます。App Storeで「楽天証券」と検索し、その中から探しましょう。Dockに追加しておくと常に表示されるため、便利に使えます。

Macでマーケットスピードを使う場合、OSはバージョン10以降を使いましょう。ブラウザはSafari9以上、メモリは2GB以上、空き容量は少なくとも8GBは必要です。ほとんどのアップル製パソコンに対応しています。

ブラウザ版の取引画面と比べ、マーケットスピードを使うとワンクリックまたはドラッグアンドドロップで作業が進むため、ストレスなく取引できます。利用料は無料です。

一番大きな特徴が、Windowsにはない「マイボード」です。これを使うと、自分が気に入った銘柄をドラッグアンドドロップで登録し、その気配値を一覧表示できます。

このマイボードは、iPhoneやiPadで閲覧できるのも、Mac独自の機能です。マイボードには最大100銘柄まで登録でき、表示方法も4タイプから選択できます。

さらに、楽天証券版の日経テレコン21が無料で利用できます。日経テレコン21は、東京証券取引所への上場企業の7割が導入するデータベースです。過去一年分の新聞記事検索など、充実した機能がそろっています。

日経テレコン21でおすすめの記事は、会社四季報や日経新聞の朝刊・夕刊です。これらの記事は株式取引には欠かせない情報のため、これらが無料で手に入るのは大きなメリットです。

Mac版マーケットスピードでは、銘柄検索も便利です。「銘柄セレクター」を使用することにより、好みの銘柄検索はもちろん、検索履歴やお気に入り銘柄、銘柄ランキング、保有株式、信用建玉など多くの情報が得られます。


注意点

注意点

Mac版のマーケットスピードには、注意点もいくつかあります。まず、Windows版のマーケットスピードと同様、国内株式の取引にのみ対応しています。海外株式などには使用できません。

Windows版のマーケットスピードユーザーに人気の高い「フル板」も、Mac版では使用できません。フル板がない代わりに、マイボードがその不足分を補っています。

また、Windows版では取引を高速化する板発注機能「武蔵」や、エクスプレス注文も使えません。そのため、Mac版では若干取引スピードが劣っています。

さらにMac版は日経225先物にも対応していないことにも注意が必要ですが、これらの課題は今後、新たなバージョンアップで解消される可能性もあります。


まとめ

まとめ

楽天証券でMacユーザーが使えるマーケットスピードについて、対応状況や注意点を紹介しました。まとめると以下の通りです。

  • 楽天証券はMac対応のツール、マーケットスピードをいち早く導入した
  • Mac版マーケットスピードはWindows版とは機能が多少異なる
  • Mac版マーケットスピードならでは便利なサービスも多くある

楽天証券は、他の証券会社に先駆けて、Macユーザーの要望に応えてマーケットスピードをMacにも対応させました。iPhoneやiPadとの連携もスムーズで、Windows版に劣らない高性能のツールです。

他の証券会社はまだMacに対応していないところが多いため、楽天証券はMacユーザー向けです。ただし、Windows版に搭載されているフル板など、一部使えない機能もあるため、注意が必要です。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ