楽天証券に店舗はある?楽天証券利用者が対面で相談する方法

楽天証券に店舗はある?楽天証券利用者が対面で相談する方法

楽天証券はインターネット証券です。ネット専用口座を利用した場合、店舗での相談を行うことはできません。

しかし相談を行うことは可能です。また楽天証券の口座種別によっては対面で相談やアドバイスを受けることができます。

楽天証券での相談方法と、対面で相談を行う方法についてまとめました。


楽天証券に店舗はある?楽天証券利用者が対面で相談する方法

楽天証券に店舗は存在する?

楽天証券に店舗は存在する?

楽天証券のネット口座を開設した場合、相談用の店舗は存在しません。楽天証券などのインターネット証券は原則、人件費をカットすることにより手数料の軽減を実現しています。

そのため相談はコールセンターやメールで受け付けています。相談自体は可能なため、気になることがあった場合はWebサイトの問い合わせフォームやカスタマーサービスを活用しましょう。


楽天証券の対面サービスとは

楽天証券の対面サービスとは

ネット口座ではなく、楽天証券のIFA口座を開設した場合は対面で相談をすることが可能です。IFAはIndependent Financial Advisorの略称で、独立系のフィナンシャルアドバイザーが金融商品の相談や紹介を行うサービスです。

ネット証券では相談窓口が電話やメールになり、本格的なアドバイスを受けることが難しくなります。しかしIFA口座の場合は金融機関から独立したアドバイザーが投資商品に関する相談を受け付けます。

どのような投資商品を購入したいのか、目的や将来の目標に応じて希望に合った商品を紹介してもらえることが特徴です。

現在ネット証券を利用している場合は、IFA口座に切り替えることで対面サービスを利用できます。


楽天証券のIFAの店舗とは

楽天証券の名前ではありませんが、提携のIFA店舗で面談を行うことがあります。全国に店舗があり、IFA口座のWebサイトや面談予約フォームから店舗検索が可能です。

面談予約を行った後は電話やメールでのヒアリングを行い、希望に応じたアドバイザーが選択できます。実際にアドバイザーと契約するかは面談後に決めることができます。


IFAで相談可能な投資商品

IFAで相談可能な投資商品

IFAで相談可能な投資商品は下記の4種です。その他の投資商品は購入することができません。

国内株式
ETF、ETN、REIT、証券投資法人、新株予約権証券を含む

外国株式

投資信託

債券


IFA口座での注文方法

アドバイザーを通して注文する方法と、相談だけを行って注文自体はインターネットで行う方法があります。

インターネットを利用した注文の場合は、Webサイト、マーケットスピード、iSPEEDから注文が可能です。

IFA口座を利用して注文を行った場合は、どの注文方法を利用した場合でもIFA取り扱い口座専用手数料が適用されます。なおカスタマーサービスセンターやマーケットコールを利用して注文を行うことはできません。


IFA取り扱い口座専用手数料の詳細

IFA取り扱い口座専用手数料の詳細

IFA取り扱い口座を利用した場合、ネット口座とは異なる体系の手数料が適用されます。

年会費や紹介料など取引以外の手数料は原則かかりませんが、一部のIFAでは個別にアドバイザー料がかかります。


国内株式

25万円以下 2,500円
25万円超から100万円以下 約定代金の1%
100万円超から200万円以下 約定代金の0.875%に2,000円を追加
200万円超から300万円以下 約定代金の0.8%に3,500円を追加
300万円超から400万円以下 約定代金の0.75%に5,000円を追加
400万円超から500万円以下 約定代金の0.7%に7,000円を追加
500万円超から1,000万円以下 約定代金の0.6%に12,000円を追加
1,000万円超から2,000万円以下 約定代金の0.55%に17,000円を追加
2,000万円超から3,000万円以下 約定代金の0.5%に27,000円を追加
3,000万円超から5,000万円以下 約定代金の0.3%に87,000円を追加
5,000万円超から1億円以下 250,000円
1億円超から2億円以下 300,000円
2億円超 350,000円


米国株式

1万USドル以下 108.00USドル
5万USドル以下 約定代金の1.296%
10万USドル以下 約定代金の0.972%に162USドルを追加
20万USドル以下 約定代金の0.864%に270USドルを追加
50万USドル以下 約定代金の0.648%に702USドルを追加
100万USドル以下 約定代金の0.540%に1,242USドルを追加
100万USドル超 約定代金の0.432%に2,322USドルを追加


中国株式

100万円まで 5,400円
100万円超 約定代金の0.54%


アセアン株式

100万円以下 10,800円
500万円以下 約定代金の1.296%
1,000万円以下 約定代金の0.972%に16,200円を追加
2,000万円以下 約定代金の0.864%に27,000円を追加
5,000万円以下 約定代金の0.648%に70,200円を追加
1億円以下 約定代金の0.540%に124,200円を追加
1億円超 約定代金の0.432%に232,200円を追加


投資信託

商品により個別の手数料がかかります。


IFAのメリットとデメリット

IFAを利用することで、適切な投資商品を専門のアドバイザーから提案を受けることができます。

どの投資商品を選べば最適か分からない場合や、多額の資金で投資を行う場合には欠かせないサービスです。

アドバイザーは勉強会やコンプライアンス研修を受けており、豊富な商品の中から希望に見合った商品を提案することができます。

その代わりネット口座に比べて手数料は高く設定されています。自分でネットから注文を行う場合でも手数料に変化はありません。コストカットが最優先の場合は対面よりもネット口座で取引を行う方が有利です。

IFAは店舗で相談できる証券会社とは形態が異なります。楽天証券だけでなく他の金融機関からも独立したアドバイザーの提案を受けることができるため、中立的な立場のアドバイスが可能です。

店舗型の証券会社では自社の営業が商品を勧める形になるため、顧客の希望よりも営業が優先になる可能性があります。

金融機関とのつながりが薄い分、顧客を第一に考えたアドバイスを提供できることがIFAの魅力です。


まとめ

まとめ

ここまで、楽天証券の相談方法や対面で相談をする方法を見てきました。
内容をまとめておきましょう。

  • 楽天証券はネット証券のため、原則相談は電話かメール対応
  • 対面で相談をしたい場合はIFA口座を開設する必要がある
  • IFAは面談可能だがネット証券ではなく専用の手数料がかかる

楽天証券の手数料の安さに惹かれてネット証券口座を開設する場合、対面での相談は不可能です。

ただし楽天証券ではIFA口座を開設している場合に限り、専門のフィナンシャルアドバイザーに対面で相談をすることができます。

手数料とその他のメリットを比較して、ネット口座を利用するか対面相談のメリットを活かすか考えることが大切です。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ