カブドットコム証券の入金方法ごとの反映時間と手数料

カブドットコム証券の入金方法ごとの反映時間と手数料

カブドットコム証券の入金方法は色々あり、口座振替サービスが充実していることが特徴です。

インターネットバンキングからの入金手数料を無料にしている金融機関も増えていますが、カブドットコム証券では一部手数料がかかる金融機関もあります。

リアルタイム入金を行う場合は手数料無料の口座を開設しておくと便利です。

ここではカブドットコム証券の入金反映時間や受付時間、リアルタイム入金の詳細を紹介します。


カブドットコム証券の入金方法の種類と手数料

カブドットコム証券の入金方法の種類

カブドットコム証券の入金方法の種類

カブドットコム証券の入金方法は全部で4種類です。銀行振込、ネット振込サービス、自動引落サービス、リアルタイム口座振替の中から選択できます。


カブドットコム証券の入金方法ごとの手数料

銀行振込の場合

銀行振込の場合

銀行振込の場合は、口座開設時に振込先金融機関の設定が可能です。カブドットコム証券では、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の4種類から振込先を選択できます。

銀行振込の場合、金融機関ごとに設定された所定の手数料がかかります。カブドットコム証券の振込先口座に指定できる4行の口座を持っている場合は、同じ銀行に振り込むため手数料が軽減されます。

インターネットバンキングを利用する場合は、窓口やATMより手数料がかからないことが特徴です。


三菱UFJ銀行の主な手数料

ATM
三菱UFJ銀行カードからの振込
同行他店宛
税込108円

現金振込
同行他店宛 税込216円

三菱UFJダイレクト
同行他店宛 無料

窓口
同行他店宛
3万円未満 税込324円
3万円以上 税込540円


三井住友銀行の主な手数料

ATM
三井住友銀行カードからの振込
同行本支店宛
税込108円

現金振込
同行本支店宛 
3万円未満 税込216円
3万円以上 税込432円

SMBCダイレクト
同行本支店宛 税込108円

窓口
同行本支店宛
3万円未満 税込324円
3万円以上 税込540円


みずほ銀行の主な手数料

ATM
みずほ銀行カードからの振込
同行本支店宛
3万円未満 税込108円
3万円以上 税込216円

現金振込
同行本支店宛 
3万円未満 税込108円
3万円以上 税込324円

みずほダイレクト
同行本支店宛 
3万円未満 税込108円
3万円以上 税込216円

窓口
同行本支店宛
3万円未満 税込324円
3万円以上 税込540円


ゆうちょ銀行の主な手数料

通常払込
ATM
5万円未満 税込80円
5万円以上 税込290円

ゆうちょダイレクト
ゆうちょ銀行宛の振替は月5回まで無料(6回目以降は税込113円)


ネット振込サービスの場合

ネット振込サービスの場合

ネット振込サービスの場合、カブドットコム証券側で設定する所定の手数料がかかります。

三菱UFJ銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行を利用する場合は手数料がかかりません。その他の対応銀行では1回の振込に対して50円から200円の手数料がかかります。


自動引落サービスの場合

自動引落サービスは買付不足金を銀行口座から自動で引落決済するサービスです。また入金依頼ページから1億円までの入金指示が可能です。

自動引落が行われるため銀行振込の手間が省け、振込手数料も無料です。

自動引落サービスが利用できる金融機関は三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、スルガ銀行、ジャパンネット銀行、大垣共立銀行、ゆうちょ銀行の7行です。


リアルタイム口座振替の場合

リアルタイム口座振替は、自動引落サービスよりも素早い振替を希望するかたに向いています。三菱UFJ銀行または三井住友銀行口座が利用可能で、手数料は無料です。


カブドットコム証券の入金方法ごとの入金反映時間と受付時間

銀行振込の場合

銀行振込の場合

銀行振込の受付時間は、振込元の銀行窓口やATMが営業している間です。インターネットバンキングを利用する場合は24時間対応しています。手続きの時間帯により、入金反映時間が異なります。


三菱UFJ銀行へ振り込む場合

三菱UFJダイレクトからの振込は、営業日19時まで当日扱いでカブドットコム証券の預り金に反映します。銀行ATMやコンビニATMからの振込の場合は、18時までの振込が当日扱いです。

それ以降の振込は、翌営業日に振込が完了します。


三井住友銀行・みずほ銀行へ振り込む場合

営業日15時までの振込は、当日中にカブドットコム証券の預り金に反映します。それ以降の振込は翌営業日扱いです。


ゆうちょ銀行へ振り込む場合

営業日16時までの振込は当日扱いでカブドットコム証券の預り金に反映します。それ以降の振込は翌営業日扱いです。ゆうちょ銀行宛の振込は、他の金融機関から利用できません。

ゆうちょ銀行窓口またはATMから振込を行いましょう。


ネット振込サービスの場合

ネット振込サービスの場合

ネット振込サービスは、ほぼリアルタイムで入金が反映します。通常は1分程度で預り金に反映し、金融機関ごとに入金予約扱いの時間帯が設定されていることが特徴です。

メンテナンス時間中などは利用できないこともありますが、利用できる場合はリアルタイムで入金が反映するか入金予約扱いで手続きができます。営業日以外も24時間受付しています。

入金予約扱いでの手続きの場合、買付可能額にはリアルタイムで反映されることが特徴です。

振込元の金融機関によってメンテナンス時間帯は異なるため、金融機関のWebサイトやカブドットコム証券のお知らせなどを参考にしましょう。


自動引落サービスの場合

自動引落サービスでの入金反映は金融機関にもよりますが、通常入金依頼後1営業日から3営業日目に入金が完了します。


三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行の場合

7時までに入金依頼した場合は、翌々営業日の10時から11時に反映します。7時以降の受付は入金依頼日から3営業日後の10時から11時です。


スルガ銀行・大垣共立銀行の場合

7時までに入金依頼した場合は、翌々営業日の12時以降に反映します。7時以降の受付は入金依頼日から3営業日後の12時以降です。


ジャパンネット銀行の場合

7時までに入金依頼した場合は、翌々営業日の15時15分ごろに反映します。7時以降の受付は入金依頼日から3営業日後の15時15分ごろです。


ゆうちょ銀行の場合

7時までに入金依頼した場合は、翌営業日の17時30分ごろに反映します。7時以降の受付は翌々営業日の17時30分ごろです。


リアルタイム口座振替の場合

リアルタイム口座振替は不足金や不足保証金、不足証拠金を自動でリアルタイム入金するサービスです。

利用料は無料で即時反映するため、信用取引での保証金不足や証拠金不足の場合も安心です。

リアルタイム口座振替サービスを利用する場合は、5万円以上1万円単位で1億円まで入金指示も可能です。


カブドットコム証券のリアルタイム入金の特徴と対応銀行

カブドットコム証券のリアルタイム入金とは

カブドットコム証券のリアルタイム入金とは

カブドットコム証券では、ネット振込サービスとリアルタイム口座振替によるリアルタイム入金に対応しています。

ネット振込サービスもリアルタイム口座振替も24時間利用が可能です。銀行振込に比べて入金に手間やコストがかからないことが特徴です。


ネット振込サービスによるリアルタイム入金の特徴

入金額は自由に設定できます。対応金融機関のインターネットバンキング登録が必要で、入金の都度入金手続きを行います。

Web上の手続きのみで入金が完了するため、銀行振込より手間がかかりません。振込手数料は金融機関により異なります。

ネット振込サービスの場合、時間や曜日を問わず、買付可能額への反映はすべてリアルタイムです。カブドットコムの買付可能額は、現物株式や投資信託、債券などに利用が可能です。


リアルタイム口座振替によるリアルタイム入金の特徴

ネット振込サービスは自分で入金手続きを行う必要がありますが、リアルタイム口座振替の場合は不足金が自動で銀行口座から引き落とされます。

信用取引を行っている場合はリアルタイム口座振替を利用する方が使い勝手が良く、保証金や証拠金が足りなくなった時も安心です。

リアルタイム口座振替は自動引落だけでなく、入金指示も可能です。入金指示を行う場合は5万円以上の金額に限定されるため、5万円以下の入金手続きの場合はネット振込サービスを利用しましょう。

またサービス利用料や振込手数料は無料です。


ネット振込サービスの対応銀行

三菱JFJ銀行

三菱JFJ銀行

振込手数料は無料です。1円から1,000万円まで1円単位で入金額が設定できますが、金融機関側で登録している利用限度額がある場合はそちらが優先されます。

営業日の0時5分から19時までと休日の0時5分から23時55分までの手続きはリアルタイムで入金が反映します。

営業日の19時から翌0時5分と休日の23時55分から翌0時5分の手続きは入金予約扱いとなりますが、買付可能額への反映はリアルタイムです。


じぶん銀行

振込手数料は無料です。1円から1,000万円まで1円単位で入金額の設定ができますが、金融機関側で登録している利用限度額がある場合はそちらが優先されます。

営業日の0時5分から19時までと19時30分から23時50分まで、休日の0時5分から23時55分までの手続きはリアルタイムで入金が反映します。

営業日の19時から19時30分と23時55分から翌0時5分、休日の23時55分から翌0時5分の手続きは入金予約扱いです。入金自体はやや遅れますが、買付可能額への反映はリアルタイムです。


ゆうちょ銀行

振込手数料は無料です。10,000円から999億9,999万円まで1円単位で入金額の設定ができます。

利用自体はほぼいつでも可能ですが、営業日の8時から19時までの間は手続き完了から1分程度で入金が反映します。休日の8時から23時の間も1分程度で入金が反映します。

それ以外の時間帯は翌日8時ごろに取引口座へ入金されますが、買付可能額にはリアルタイムで反映します。


ジャパンネット銀行

振込手数料は金額にかかわらず税抜50円です。1円から1億円まで1円単位で入金額の設定ができます。

営業日の0時5分から19時までと19時30分から23時55分まで、休日の0時5分から23時55分までの手続きはリアルタイムで入金が反映します。

営業日の19時から19時30分と23時55分から翌0時5分、休日の23時55分から翌0時5分の手続きは入金予約扱いです。入金自体はやや遅れますが、買付可能額への反映はリアルタイムです。


三井住友銀行

振込手数料は金額にかかわらず税抜100円です。1円から1,000万円まで1円単位で入金額の設定ができますが、金融機関側で利用限度額を登録している場合はそちらが優先されます。

営業日の0時5分から19時までと休日の0時5分から23時55分の手続きはリアルタイムで入金が反映します。

営業日の19時から翌0時5分と休日の23時55分から翌0時5分の手続きは入金予約扱いとなりますが、買付可能額への反映はリアルタイムです。


みずほ銀行

振込金額3万円未満までの手数料は税抜100円、3万円以上の場合は税抜200円です。1円から2,000万円まで1円単位で入金額の設定ができますが、金融機関側で利用限度額を登録している場合はそちらが優先されます。

営業日の0時5分から15時までと休日の0時5分から23時55分までの手続きはリアルタイムで入金が反映します。

それ以外の時間帯は入金予約扱いとなりますが、買付可能額への反映はリアルタイムです。


リアルタイム口座振替の対応銀行

リアルタイム口座振替の対応銀行

三菱UFJ銀行と三井住友銀行口座を保有しているかたが利用できるサービスです。サービス内容は5種類あり、すべて利用料や振込手数料は無料です。


不足金自動振替サービス

取引の結果などで不足金が発生した場合、自動で振込を行うサービスです。不足金だけでなく、それ以上の金額指定もできます。

立替を防ぎたいかたに最適なサービスです。


不足保証金自動振替サービス

信用取引口座を開設しているかたで、保証金維持率があらかじめ設定している維持率以下になった場合自動で振込を行うサービスです。

追証発生を防ぐことができ、入金手続きも不要のため安心して取引ができます。


不足証拠金自動振替サービス

先物・オプション取引口座を開設しているかたで、証拠金不足が発生した場合に自動で振込を行うサービスです。

証拠金不足額以上の金額指定もできます。


自動引落リトライサービス

自動引落サービスを利用しているかたのみ設定できます。自動引落で残高不足が発生した場合、リアルタイム口座振替サービスで登録している口座から、再度自動引落を行います。

2種類の口座設定ができるため、どちらかの口座の残高が足りない場合でも不足金分をすぐに入金できます。


リアルタイム口座振替による入金指示

不足金が発生していない場合でも、入金指示が可能です。入金は5万円以上に限られます。

利用は24時間可能ですが、入金がリアルタイムで反映されるのは8時から23時までです。23時以降から翌8時までの手続きは8時に入金が反映します。

夜間の入金は反映が遅れますが買付可能額にはリアルタイムで反映するため、現物株式、投資信託、債券の買付は問題ありません。


まとめ

まとめ

ここまでカブドットコム証券の入金方法や特徴について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • カブドットコム証券の入金方法は4種類ある
  • リアルタイムで入金ができるのはネット振込サービスとリアルタイム口座振替サービス
  • ネット振込サービスは手数料がかかる金融機関もある

カブドットコム証券では銀行振込、ネット振込、自動引落、リアルタイム口座振替を利用して入金が可能です。

ネット振込とリアルタイム口座振替は原則リアルタイムで入金が反映しますが、金融機関ごとに入金の反映が遅れる時間帯が存在します。

しかし買付可能額には反映するため、一般の投資商品を購入する場合には差し支えありません。

ネット振込サービスで振込手数料が無料に設定されている金融機関は三菱UFJ銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行です。それ以外の対応銀行では振込手数料が発生するため注意しましょう。

三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座を保有している場合はリアルタイム口座振替が利用できます。

不足金が自動で引き落とされるシステムですが、通常の入金サービスとしても使えます。5万円以上1万円単位の入金に限るため、端数を入金したい場合や少額入金の場合はネット振込サービスを利用しましょう。

カブドットコム証券の詳細を見てみる


注目の新サービス

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券は「Tポイント」で株が買える日本初のサービスです。

1株単位で株が購入できるので、500ポイント程度で投資が始められて、普段の生活でたまったポイントで有名企業の株主になることができます。

月額200円で取引し放題になっていて、毎月200ポイントがもらえるので実質無料で取引し放題。

サービス登録後、Tポイントの利用手続きをするだけですぐに取引できるので、Tポイントをためている人で投資に興味があるならぜひ利用してみてください。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

【公式】ネオモバイル証券




当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ