楽天証券でワン株、ミニ株、プチ株は取引できるか

最終更新日: 2018年6月15日

rakuten-sec3
株の取引は100株や1,000株など「単元」という取引単位が決まっており、通常の現物取引はその単元の単位で取引がされます。

そのため銘柄によっては1単位が100万円超えという銘柄もあり、資金が限られる投資家にとってはちょっときついですね。

しかし、一部のネット証券では「ワン株」「ミニ株」「プチ株」というサービス名で1株から株を買えるようになっています。取引は1日1回終値で取引などが多いですが、小口で取引したい人や多くの銘柄を購入したい人にとっては非常に良いサービスですね。

楽天証券でワン株、ミニ株、プチ株は取引できるか

ただネット証券大手の楽天証券ではこのようなワン株の取引は行っていません。

ワン株の取引ができるのはSBI証券マネックス証券カブドットコム証券の3社です。(松井証券は単元未満株の売却のみ可能)

■ネット証券のミニ株のサービス名と手数料

証券会社 サービス名 手数料
マネックス証券 ワン株 約定金額の0.54%
(最低手数料税別48円)
SBI証券 S株 約定金額の0.54%
(最低手数料税別50円)
カブドットコム証券 プチ株 約定代金2万円まで100円
以降約定代金1万円増加まで毎に67円加算

ミニ株を取引したい場合はこれらのネット証券のいずれかを利用すると良いと思います。

手数料で見るとマネックス証券が最も安く(SBI証券もほとんど変わらないですが)、カブドットコム証券は唯一500円から積立をすることができるので、毎月コツコツ投資したい人はカブドットコム証券を選ぶと良いでしょう。

なお、どの証券会社でも議決権の行使はできなくなり、配当金は持ち分に応じて受け取ることができ、株主優待は原則受け取ることはできません。株式分割があった場合は持ち分に応じて分割されて分割後の株を保有することができます。

議決権や株主優待など1単元の株式が必要な権利は無理ですが、その他は持ち分に応じて権利があるので、最大限株主としての権利は確保されているといえますね。

もちろん単元株とくらべて手数料は割高になりますが、投資の最初の一歩としては少ない金額でリスクを抑えて投資することができますので良いと思います。


楽天証券で単元未満株が取引できる場合

なお、例外的に楽天証券で単元未満株が取引できる場合もあります。

それは株式併合や分割などでコーポレートアクション後の株数が単元未満となってしまう場合です。この場合に限り単元未満株を企業に買取請求するという形で売却することができます。

楽天証券のログイン後のサイトで設定・変更>移管・買取請求>単元未満株式買取請求と進むと、保有している単元未満株が表示されますので、買取請求する銘柄を選択することで売却ができます。

買取請求を行った日の終値で買い取りをしてくれます。(15時以降に買取請求をした場合は翌日の終値)

なお単元未満株の買取請求は楽天証券に取次手数料として1件300円(税別)がかかります。

このように楽天証券ではイレギュラーな形でしか単元未満株の売買ができませんので、小口の取引として単元未満株の取引がしたい人は対応ネット証券を利用するしかないですね。

SBI証券の口座開設(無料)

マネックス証券の口座開設(無料)

カブドットコム証券の口座開設(無料)


当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ