楽天証券でオーストラリアに投資できる商品と注意点

楽天証券でオーストラリアに投資できる商品と注意点

楽天証券では、オーストラリアに投資できる商品が複数あります。オーストラリアに投資を考えている場合は、楽天証券の海外投資商品の中から選択しましょう。

特に投資信託はオーストラリアに投資できるものが多く、選択肢が豊富です。

ここでは楽天証券でオーストラリアに投資できる主な商品や、取引までの流れをまとめました。


楽天証券でオーストラリアに投資できる商品、取引までの流れ

楽天証券でオーストラリアに投資できる商品、取引までの流れ

楽天証券でオーストラリアに投資できる商品は、外国債券、ETF、投資信託、FX、外貨建てMMFなど豊富です。

各ジャンルでオーストラリアに投資できる主な商品を以下にまとめました。


外国債券

外国債券

外国債券でオーストラリアに投資できる債権は、2種類用意されています。豪ドル建て債券ではありますが、オーストラリアの企業が発行している債券ではないため、その点は注意が必要です。


トヨタ・モーター・ファイナンス(ネザーランズ) 豪ドル建て債券

トヨタ・モーター・ファイナンスはオランダで活動している、トヨタファイナンシャルサービス株式会社の子会社です。

豪ドル建て利付債券を発行しており、参考利回りは2018年3月12日時点で2.19%です。

償還は2020年6月のため、中期投資を考えるかたに適しています。


ソシエテ・ジェネラル 豪ドル建て債券

ソシエテ・ジェネラルはヨーロッパの金融サービスグループです。豪ドル建ての劣後債を発行しています。

2026年10月が償還のため、長期投資向けの債券です。参考利回りは2018年3月12日時点で4.34%です。


外国債券の取引の流れ

外国債券を購入する場合は、日本円または豪ドルを楽天証券に入金します。入金後に楽天証券のマイページにログインし、債券・他の商品から注文タブを開き、外国債券取引を選択しましょう。

外国債券の中から豪ドル建ての銘柄を選び、販売説明書を閲覧してから買い注文が可能になります。

注文画面では取引数量、口座区分、決済方法を選択します。決済方法は複数から選択することができ、日本円での購入の他に外貨での購入、外貨建てMMFでの購入など自由に設定が可能です。


ETF

ETF

楽天証券では米国ETF、中国ETF、シンガポールETFに投資することができます。オーストラリア市場はありませんが、オーストラリアが投資地域のETF2種類あります。


国内ETF

上場インデックスファンド豪州リート

オーストラリアの不動産が主な投資対象で、決算は年6回に設定されています。

組入れ上位銘柄の比率が高く、上位の3銘柄で全体の4割以上を占めます。S&P ASX 200 A-REIT指数に連動する投資成果を目指します。


シンガポールETF

db x トラッカーズ S&P ASX 200 UCITS ETF

オーストラリアの企業の多数をカバーするETFです。S&P ASX 200インデックス指数への連動を目指しているため、オーストラリア株式に投資をしたいかたに向いています。


ETFの取引の流れ

楽天証券のETFは、国内株式と海外株式の画面から注文が可能です。

国内ETFの場合は国内株式と同じように注文が可能です。マイページの国内株式タブから注文を選択し、買い注文を行います。

銘柄コードや各種ランキング、スーパースクリーナーから銘柄検索が可能です。

海外ETFの場合は海外株式タブからアセアン株式を選択し、シンガポール株式のETF取扱銘柄から検索します。

時期によってオーストラリアを投資地域に設定しているETFは変化する可能性があるため、楽天証券のETFの中からオーストラリアを投資地域に設定しているものを検索で絞り込むのもおすすめです。

注文したい数量や価格を設定して、ETFの注文を行いましょう。


投資信託

投資信託

投資信託の中にはオーストラリアが投資対象のファンドも多く、株式や債券など色々な投資対象に投資できる点が魅力です。オーストラリアに投資するファンドは利率の関係もあり高配当なものが多く、リターンを求める場合にも適しています。


オーストラリア・高配当株ファンド

毎月決算型のファンドで、オーストラリア市場に上場している高配当株式に投資します。REITなども含み、ニュージーランドの株式に投資することもあります。


ニッセイオーストラリア高配当株ファンド

毎月決算型のファンドで、利回りの高い株式やREITが投資対象です。配当だけでなく、中長期的なファンドの成長も目指して運用を行います。


インベスコオーストラリア債券ファンド

豪ドル建ての公社債などが主な投資先です。上位組入れ銘柄はオーストラリア国債ですが、州債なども含まれます。


三菱UFJ AMPオーストラリアREITファンド Wプレミアム

オーストラリアの不動産投資信託証券へ投資します。コール・オプションの導入や、銘柄選定も分析により行い投資の成果をあげることが目標です。


オーストラリア高利回りバランス・ファンド

オーストラリア国債や州債、株式、REITなどオーストラリアの投資商品にバランス良く投資するファンドです。

70%は債券で、株式と不動産は15%ずつに分散されています。


投資信託の取引の流れ

投資信託は通常注文と積立注文を選択することができます。通常注文はマイページの投信タブから注文を選択し、積立注文の場合は積立注文を選びます。

どちらの場合も注文前に目論見書の確認が必要です。注文画面で目論見書の閲覧ができます。注文画面で買付金額やポイント利用など、必要な設定を行うと買付が可能です。

投資信託は通常注文も積立注文も100円から投資することができます。


楽天FX

楽天FX

楽天証券では、外国為替に投資することができます。豪ドルも投資対象で、オーストラリア関連の通貨ペアも豊富です。

豪ドル円や豪ドル米ドル、豪ドルNZドルに投資することができます。


豪ドル円

スプレッド
0.7
スワップポイント
売り -41
買い 26


豪ドル米ドル

スプレッド
1.9
スワップポイント
売り -0.10
買い 0.00


豪ドルNZドル

スプレッド
12.0
スワップポイント
売り 0.00
買い -0.15


楽天FXの取引の流れ

楽天FXは、楽天証券の総合口座とは異なる口座です。別途入金処理を行う必要がありますが、楽天証券の総合口座から資金移動が簡単にできます。

楽天FXに入金後は、該当の通貨ペアを選択し注文を行います。FXでは成行注文だけでなく指値や逆指値など様々な執行条件を設定可能です。


外貨建てMMF

外貨建てMMF

外貨建てMMFは様々な国の外貨で運用することができます。オーストラリアに投資できるMMFは、日興豪ドルMMFです。

申し込み手数料や換金手数料は無料ですが、スプレッドがかかります。保管報酬は年率0.04%で管理報酬は年率0.01%です。

外貨建てMMFは10通貨から購入が可能で、少額からオーストラリアに投資が可能です。


外貨建てMMFの取引の流れ

外貨建てMMFは投信の一種です。そのため投信タブから注文が可能です。

注文を選択すると、メニューに外貨建てMMFが表示されます。買い注文を選択し、目論見書を閲覧しましょう。

閲覧後に買いボタンが表示され、注文が可能になります。注文画面では決済通貨や購入金額を設定し、確認ボタンを押すと買付が可能です。


楽天証券でオーストラリアに投資する際の注意点

2017年度のオーストラリアの状況

2017年度のオーストラリアの状況

オーストラリアに投資する際は、オーストラリアの状況を知ることが大切です。

2017年は豪ドルの為替レートもやや上がり、失業率なども数年前に比べると少なくなっています。オーストラリアはREITの利回りや指数が他の国に比べて高く、不動産が注目を集めていることも特徴です。

以前は新興国同様政策金利が高いことで知られていましたが、2017年には先進国よりやや高い金利に落ち着いています。

今後の経済発展や不動産の価値上昇などを期待する場合は、投資先に選ぶ価値があります。政策金利は下がる可能性もあるため、状況を見極めて投資を行いましょう。


オーストラリアの投資商品は高配当

オーストラリアは先進国の中では利率が高く、日本に比べて投資の利益が得やすいことが特徴です。高配当になっている分、リスクもある程度高いため安定した利益を求める場合には向いていません。

商品を選択する場合は利回り以外にリスクも確認し、買付することが大切です。


NISA口座では投資商品が限定される

NISA口座では投資商品が限定される

オーストラリアの投資商品は他の先進国の商品に比べてハイリスクものが多いことから、積立NISAではオーストラリアに限定して投資する投資信託の取扱はありません。

一般NISA口座では投資信託の種類も増えるため、非課税でオーストラリアの投資信託に投資する場合は一般NISA口座を選択する必要があります。


為替変動リスクがある

オーストラリアの投資商品に投資する場合、豪ドル建てで投資することが一般的です。豪ドルは比較的値動きが激しい通貨で、長期的に見ても他の通貨より大きな動きを見せています。

債券や投資信託は期限が決まっていることもあり、日本円に換金する時に為替変動で利益が減ってしまう可能性があります。投資信託では為替ヘッジを行わないタイプの商品が多いため、為替相場の状況も考えて投資をはじめることが大切です。


ETFや債券の数は少ない

ETFや債券の数は少ない

楽天証券でオーストラリアの地域に投資できるETFや債券は少なく、債券の場合は豪ドル建てですが発行体はオーストラリアの企業ではありません。

もしオーストラリアの債券への投資を考えている場合は投資信託が最適です。投資信託は比較的種類が多く、外国債券では投資できないオーストラリア国債や州債に投資しているファンドを選ぶことも可能です。


外貨建てMMFは外貨預金とは異なる

楽天証券では外貨預金は取り扱っていませんが、外貨建てMMFを豪ドル建てで運用することができます。

利回りは1.100%に設定されているため、豪ドルベースでは日本円で預金するよりも利子が高いことが特徴です。

ただし取引ごとにスプレッドがかかることや、管理費用がかかるため日本円での預金とは性質が異なります。

また外貨建てMMFを購入する場合、特定口座開設済みのかたは特定口座のみで取引が可能です。途中で特定口座を開設した場合、一般口座から特定口座にMMFを移すことはできません。

一般口座のMMFを売却した後は特定口座に切り替えができます。


まとめ

まとめ

ここまで、楽天証券でオーストラリアに投資できる商品や取引について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • 楽天証券でオーストラリアに投資できる主な商品は投資信託
  • ETFや債券などもオーストラリアに投資できるものがある
  • オーストラリアは先進国の中で利率が高いが為替変動リスクも高め

オーストラリアの投資商品に楽天証券で投資をするなら、種類が多く株式、債券、不動産など目的の投資商品に投資しやすい投資信託がおすすめです。ETFや外国債券でもオーストラリアに投資できるものはありますが、数は少なめです。

その他では外貨建てMMFやFXなどでもオーストラリアの通貨に投資できます。

オーストラリアは比較的先進国の中では高配当の株式に投資する商品が多いため、リスクに関しても理解した上で投資をはじめましょう。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ