楽天証券で発生した逆日歩を確認する方法

楽天証券で発生した逆日歩を確認する方法

信用取引を行う場合、株式を購入する費用以外の諸費用が発生します。費用の中には逆日歩も含まれ、発生した場合は支払いが必要になることもあります。

ここでは逆日歩の概要や、楽天証券で逆日歩を確認する方法を紹介します。


楽天証券で発生した逆日歩を確認する方法

逆日歩とは?

逆日歩とは?

逆日歩は品貸料とも呼ばれ、制度信用取引を行った場合に発生する料金です。一般信用取引や現物取引を行っている場合は、逆日歩が発生していても対象外です。

一般的に信用取引が可能な銘柄は、ほとんどが買い建玉の残が売り建玉の残を上回っているため逆日歩が発生することはありません。ただし株主優待などの権利獲得目的や、株式の状態によって信用売りが急激に増加した場合逆日歩が発生します。

証券会社では返済していない買い建玉と売り建玉を相殺し、買いが多い場合には融資を行います。反対に売りが多い場合は、証券金融会社から貸株を調達します。

証券金融会社でも同じようなシステムで相殺を行い、株が足りない場合は機関投資家などから株を調達します。この際入札で決定された料率が逆日歩です。

制度信用取引を行っている場合、逆日歩がついた銘柄の買建を行っている場合は、逆日歩を受け取ることができます。売建を行っている場合は支払いが必要です。

逆日歩は発生するとは限りませんが、発生した場合は銘柄情報で確認が可能です。


楽天証券で逆日歩を確認する方法

マーケットスピード

マーケットスピード

楽天証券のマーケットスピードでは、逆日歩の発生情報の確認が可能です。

マーケットスピードにログインし、投資情報タブから取引関連情報を選択します。その中に「逆日歩一覧」があるため、クリックすることで各銘柄の逆日歩情報を確認することができます。

また個別銘柄情報でも、逆日歩を確認することが可能です。楽天証券では、毎営業日14時頃に逆日歩情報を更新しています。逆日歩が発生した場合は画面下部の信用貸借区分の下に表示されます。


保証金画面内の逆日歩

逆日歩が発生した場合、保証金画面の未収費用に含まれます。ただし未収費用には逆日歩だけではなく手数料・金利・貸株料・名義書換料なども含まれるため、厳密に逆日歩だけを確認することはできません。


iSPEED

楽天証券には、スマホ向け取引ツールのiSPEEDがあります。iSPEEDでも銘柄情報詳細から、逆日歩を確認することが可能です。

各銘柄の個別画面で株価詳細から逆日歩が確認できます。


楽天証券の取引ツール利用料

楽天証券の取引ツール利用料

逆日歩を確認するには、楽天証券の取引ツールを利用するのが便利です。

マーケットスピードは有料ツールで、通常3か月税込2,700円で利用できます。ただし条件を満たしている場合には無料で利用可能です。


マーケットスピードが無料になる条件

以下のいずれかを満たしている場合、無料で3か月利用できます。

  • 新規利用申請時
  • 信用取引口座、先物・オプション取引口座、楽天FX取引口座のどれかを開設している
  • マネーブリッジの自動入出金(スイープ)を設定している
  • 資産残高30万円以上
  • 過去3か月の間に国内株式(IPO・PO・立会外分売以外)、米国株式、中国株式、先物オプション、カバードワラントの取引実績がある

iSPEEDは無料で利用でき、楽天証券の口座開設有無にかかわらず逆日歩などの株価詳細が確認できます。


まとめ

まとめ

ここまで、信用取引の逆日歩について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 逆日歩は制度信用取引の際に発生する
  • 買いを行っている場合は逆日歩をもらうことができ、売りを行っている場合は支払いが必要
  • 逆日歩はマーケットスピードやiSPEEDで確認可能

楽天証券で制度信用取引を行った場合、状況によって逆日歩が発生することがあります。信用売りを行っている場合は費用が発生するため注意が必要です。

楽天証券の取引ツールでは、逆日歩の発生状況を確認することもできます。信用取引口座を保有している場合はマーケットスピードが無料になるため、逆日歩も手軽に確認できます。

スマホから確認する場合は、iSPEEDが便利です。

楽天証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ