SBIハイブリッド預金を活用した時の金利と他社MRFとの比較

SBIハイブリッド預金を活用した時の金利と他社MRFとの比較

SBI証券は、グループ会社の住信SBIネット銀行と連携したSBIハイブリッド預金が利用できます。SBIハイブリッド預金を利用することにより、投資がスムーズにできる上、手数料や預金金利においてもお得です。

この記事では、SBIハイブリッド預金を活用したSBI証券での投資の特徴や活用方法を、他のネット証券会社が取り入れているMRFと比較しながら紹介します。


SBIハイブリッド預金を活用した時の金利と他社MRFとの比較

MRFとは

MRFとは

MRFは「マネー・リザーブ・ファンド」の略語で、投資信託の一種です。MRFは、証券総合口座専用のファンドとして、1997年10月の証券総合口座の解禁に伴い導入され、各証券会社はMRFを取り入れています。

短期の債権で運用され、普通預金と似た扱いがされるため、多くのネット証券会社が導入しています。元本割れのリスクがありますが、投資信託の中でも極めて安全に運用されているのが特徴です。

分配金が1カ月に1回発生し、翌月に1ヶ月分がまとめて分配されます。


SBIハイブリッド預金とは

SBI証券はMRFに対応していません。2011年6月24日にMRFの新規買い付けを終了し、MRFの投資資金は全て預り金になりました。

ネット証券会社のうちMRFに対応していない会社は珍しく、一見すると不便なようですが、SBI証券にはMRFよりも優れているサービスがあります。

そのサービスとは、SBI証券と住信SBIネット銀行が連携したSBIハイブリッド預金です。住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資しているネット銀行です。

SBIハイブリッド預金を利用するためには、SBI証券の総合口座とは別に、住信SBIネット銀行の銀行口座を開設する必要があります。

SBIハイブリッド預金を活用すると、SBI証券で株式購入などの取引を行う際、証券口座に入金する必要がありません。SBIハイブリッド預金に預金したお金を、そのまま投資に利用することが可能です。

現物取引でも信用取引でも利用でき、口座間移動手数料は無料で、即時に取引できます。また、受け渡し日の翌営業日ではなく、当日に出金することが可能です。


SBIハイブリッド預金を活用した時の金利

SBIハイブリッド預金を活用した時の金利

通常、証券口座の買付余力には金利がつきません。投資しない場合は金利をつけるため、銀行に預金した方が得ですが、投資の度に入出金を繰り返すと手間がかかる上、手数料が発生することがあります。

しかしSBIハイブリッド預金の場合、買付余力にも金利がつきます。さらに預金保険制度の対象にもなります。

住信SBIネット銀行の普通預金金利は、0.001%です。SBI証券の証券口座と連動させ、SBIハイブリッド預金を利用すると、普通預金金利を通常の10倍の0.01%にすることが可能です。

さらに、コンビニATM出金手数料100円および他行あての振込手数料142円のそれぞれが、1カ月あたり2回~15回分まで無料になります。

無料になる回数は、住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランクによって異なります。ランクは1~4まであり、ランク4になるとコンビニATM出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ15回分まで無料です。

住信SBIネット銀行から、SBI証券の買付余力を確認するアグリゲーション機能や、SBI証券で追加保証金が必要となった際、住信SBIネット銀行代表口座よりSBI証券の証券口座に自動的に振り替える追加保証金等自動振替サービスも便利です。

他社MRFとの比較

SBIハイブリッド預金と似たサービスを、楽天証券も行っています。楽天証券と楽天銀行の口座をそれぞれ開設すると、マネーブリッジが利用でき、取引がスムーズに行われ、金利や出金手数料が優遇されます。

楽天証券も以前はMRFを導入していましたが、2017年10月にMRFの取り扱いを終了し、それ以降はマネーブリッジに移行しています。

マネックス証券では、MRFに預けたお金は、自動スイープ機能により、株式や投資信託などへの投資に効率的に運用できます。

マネックス証券で利用できるMRFは、日興MRFとダイワMRFの2種類です。ただし、ダイワMRFは2005年4月以前にマネックス証券で開設された口座または、2010年4月以前にオリックス証券で開設された口座でのみ利用可能です。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、国債のMRF、三菱UFJMRF、三菱MRF、ダイワMRFの4種類が利用できます。証券総合口座開設の際、選択します。

その他多くのネット証券会社でMRFを利用しており、各社とも手数料が無料で、銀行口座に入金するのと同じ感覚で利用できますが、楽天証券のようにMRFをやめている会社もあります。

SBIハイブリッド預金は、MRFと同様に管理手数料や、口座間の振込手数料などが必要ありません。さらに、預金金利が優遇されるなど、MRFにはないメリットがあります。


まとめ

まとめ

SBIハイブリッド預金の特徴と、SBIハイブリッド預金を活用した金利および、他のネット証券会社のMRFとの比較について紹介しました。まとめると以下の通りです。

  • SBIハイブリッド預金の預金残高は買付余力として利用できる
  • SBIハイブリッド預金は普通預金よりも高い金利が適用される
  • 他社のMRFに比較すると、SBIハイブリッド預金はより優れている

SBIハイブリッド預金は、SBI証券で手軽に取引でき、さらに住信SBIネット銀行へ通常よりも高い金利で預金ができるお得な制度です。

SBI証券の証券口座の他に、住信SBIネット銀行の銀行口座を開設する必要がありますが、他社のMRFと比較すると優れている点が多く、大きなメリットを得ることができます。

SBI証券の詳細を見てみる

当サイトおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。

手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでもイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。

SBI証券の公式サイトはこちら SBI証券の詳細

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。

カブドットコム証券の公式サイトはこちら カブドットコム証券の詳細

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。

マネックス証券の公式サイトはこちら マネックス証券の詳細

楽天証券

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。

楽天証券の公式サイトはこちら 楽天証券の詳細

IPO投資におすすめの証券会社

IPOは当選すれば高確率で値上がりが期待できる、超低リスクハイリターンの人気投資法です。

人気ゆえに激しい競争率がネックで、当選は難しいと考えている人もいますが、コツをつかめば当選確率は驚くほど上がります。

当サイトではIPOの当選確率を上げる方法おすすめの証券会社を紹介していますので、IPO投資に興味がある人はぜひ参考にしてください。

IPO投資におすすめ証券会社ランキング


注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ