マネックス証券で夜間に取引できる商品

マネックス証券で夜間に取引できる商品

平日の昼間に仕事をしているかたや時間が取れないかたなど、夜間に取引をしたいと考えるかたが増えています。

証券会社でもPTS取引の導入など夜間取引ができるしくみを取り入れているところもあり、生活スタイルに合った投資が可能です。

マネックス証券でも、夜間に取引できる商品がいくつかあります。ここではマネックス証券で夜間に取引できる商品の詳細をまとめました。


マネックス証券で夜間に取引できる商品

マネックス証券の主なサービス時間

マネックス証券の主なサービス時間

マネックス証券では、原則ほとんどの商品が土日や夜間の取引が可能です。市場が閉まっている場合は翌営業日扱いの申込となりますが、注文自体はできます。

たとえば国内株式の営業日サービス時間は5時から翌3時までです。休業日も3時から5時のメンテナンスを除いて注文が可能です。

IPOのブックビルディングも、営業日は5時から15時、17時から翌3時まで申込ができます。休業日は5時から翌3時まで申込や取消処理を行うことができます。

上場新株予約権証券の権利行使も、0時から20時まで当日注文扱いの手続きが可能です。20時以降の受付は翌営業日扱いとなりますが、手続き自体は夜間も受け付けています。

投資商品の売買だけでなく、入出金手続きや口座管理画面の確認なども夜間に利用できます。


リアルタイム取引が夜間にできる商品とは

マネックス証券では外国株取引を扱っています。米国株は米国で市場が開いている時間に取引できるため、日本での取引時間は夜間から朝の間です。

夏時間の時は21時から翌9時まで取引ができます。冬時間は22時から翌10時の間です。

注文受付は24時間可能で、時間を問わず米国株の申込ができます。

マネックス証券では中国株取引も可能ですが、中国は日本と時差が少ないため市場が開いている時間は昼間です。

当日扱いの注文はクロージング・オークション・セッションの17時10分までの受付ですが、注文受付停止時間を除いて翌3時30分まで注文ができます。

また、FX PLUSなどのFX取引やくりっく株365取引は夜間も可能です。

特にくりっく株365取引は夕方から取引開始となる商品も多く、夜間に取引をしたいかたに最適です。

先物・オプション取引も夜間立会が利用でき、16時30分から翌5時30分まで取引ができます。

立会外分売の申込は分売実施日の前営業日夕方から当日朝8時20分までに限られており、夕方から夜間にかけて申込ができます。


昼間に限定されている取引もある

昼間に限定されている取引もある

マネックス証券で取引を行う場合、大半の注文は夜間でも可能です。

しかし個人向け国債の中途換金は営業日9時30分から12時ごろに限定され、外国債券の既発行債はサービス時間が営業日9時30分ごろから14時に限られます。

それ以外の取引は夜間でも手続きができるため安心です。

PTS取引などの夜間取引は導入されていないため、国内株式をリアルタイムで取引したい場合には市場が開いている昼間に取引を行う必要があります。

マネックス証券では自動注文が取り扱われているため、夜間に翌営業日分の注文を出すと自動的に指値や逆指値の注文が執行されます。


株の夜間取引ができる証券会社もある

マネックス証券ではPTS取引を導入していないためリアルタイムでの夜間取引ができませんが、SBI証券松井証券ではPTS取引を利用して夜間にリアルタイム取引が可能です。

市場は開いていませんが、私設取引を行うためリアルタイムでの取引が可能です。

SBI証券でもPTS取引を導入していた会社はありますが、2018年7月時点ではSBI証券松井証券のみがPTSを利用した夜間取引に対応しています。

また2018年中に楽天証券でも夜間取引の導入を予定しています。

マネックス証券でも2011年まで夜間取引を導入していましたが、現在は夜間取引には対応していません。

2019年春にはPTS取引に対応する予定を発表しているため、マネックス証券で夜間取引を行うにはしばらく待つ必要があります。

米国株のリアルタイム取引時間は長く、他社よりも夜間や朝の取引がしやすいことが特徴です。夜間取引をしたいかたでマネックス証券を利用する場合、米国株取引を検討してみましょう。


まとめ

まとめ

ここまでマネックス証券で夜間に取引できる商品について見てきました。

内容を簡単にまとめておきましょう。

  • マネックス証券で夜間に取引できるのは米国株
  • くりっく株365取引や先物・オプション取引でも夜間取引が可能
  • 2019年春ごろにはPTS取引も導入予定

マネックス証券では、ほとんどの商品が夜間の注文に対応しています。しかし多くの商品は翌営業日扱いの注文となり、リアルタイムで夜間取引をしたい場合には商品が限られます。

米国株取引は現地のニューヨークで市場が開いている時間に取引ができるため、日本時間では夜間のリアルタイム取引が可能です。

また先物・オプション取引の夜間立会や、くりっく株365取引なども夜間に取引したいかたに向いています。

FX取引もメンテナンス時間を除き、ほとんどの時間帯に注文を受け付けています。

国内株式の夜間取引を考えている場合は、他社の検討も必要です。2018年7月時点ではSBI証券と松井証券がPTS取引による夜間取引に対応しています。

楽天証券は2018年中、マネックス証券は2019年春ごろにPTS取引による夜間取引を導入予定です。

マネックス証券はPTS取引の導入がやや遅いため、すぐに夜間取引を行いたい場合はすでにPTS取引を導入している証券会社の利用も検討しましょう。

マネックス証券の詳細を見てみる

当サイトのおすすめネット証券

SBI証券は格安の手数料が特徴の最大手のネット証券です。
手数料が安いだけでなく豊富な取扱商品、充実したサービスも含めた総合力が魅力で、口座数、売買代金ともに圧倒的なネット証券No1です。

当サイトでももちろんイチオシで、初心者からデイトレーダーや長期投資家などタイプを問わず、すべての投資家のパートナーになります。
koushiki2

マネックス証券は「今日の株価よりも10年後のあなたのために」を掲げ、ファンの多い長期投資向きのネット証券です。

株式手数料は100円からと小口の取引手数料は業界最安水準で、投資初心者に優しくなっています。

また、外国株式に強みがあり、手数料も安いので今後グローバルに投資をしたい方にもおすすめです。
koushiki2

カブドットコム証券は投資成績重視の証券会社。自動売買を駆使したきめ細かいリスク管理が可能になるので、結果的に最終的な投資成績を向上させます。

手数料は現物で最低90円からと安くなり、高機能ツールも提供しています。

人気の優待タダ取りに必須の短期一般信用銘柄が豊富で、優待投資派の人にもおすすめの証券会社です。
koushiki2

楽天証券は安い手数料豊富な取り扱い商品充実したサービスで人気の大手証券会社です。

口座開設や取引で楽天スーパーポイントをためることもでき、わかりやすい取引サイトにも定評があります。

高機能ツールの「マーケットスピード」が簡単な条件で無料利用できる点も大きな魅力で、どんな人にもおすすめできる証券会社です。
koushiki2



注目の新サービス

WealthNavi(ウェルスナビ)

最近話題の「ロボアドバイザー」は、AIが投資判断をして運用をしてくれるサービスです。

中でもウェルスナビが人気で、ロボアドバイザーで預かり資産とユーザー数No1になっています。

ETFで国際分散投資を実施し、再投資リバランスを自動で行うだけでなく、税金も最適化して運用してくれます。

預かり資産にかかる手数料は0.5%から1%となっていて、「長期割」という運用継続期間に応じた割引もあります。

手間を省いて資産運用をしたい人におすすめのサービスで、まずは少額からでも運用結果を見てみましょう。

ウェルスナビで運用プラン診断してみる(無料)



サブコンテンツ

このページの先頭へ