「各社の特長を調べて選ぶ」の記事一覧(5 / 49ページ)

カブドットコム証券のつみたてNISAの特徴と活用方法、向いている人

NISA 選び方

カブドットコム証券では、2018年6月末からつみたてNISAの口座開設手続きができるようになりました。 つみたてNISA自体は2017年度からはじまった制度ですが、2018年時点で利用できる証券会社は限られています。 カ・・・

マネックス証券の即時入金サービスの特徴と対応銀行

楽天証券 ポイント

証券会社を選ぶ際、入金方法が簡単で素早く反映される会社を選びましょう。 入金に手間取ると、株取引に集中できない、または利益を得るチャンスを逃す可能性が高まるためです。 この記事では、入金方法が簡単で、しかも即時に入金が反・・・

マネックス証券の手数料が高いと感じる人におすすめの証券会社

マネックス証券は数年前まで、ネット証券の中でも手数料が安い証券会社でした。しかしここ数年、株式の売買手数料を下げる証券会社が目立っています。 SBI証券や楽天証券、カブドットコム証券なども何度か値下げを行っており、取引状・・・

マネックス証券の一般口座から特定口座への変更方法

楽天証券 ポイント

証券会社では投資家の確定申告の手間を減らす目的もあり、特定口座の開設が可能です。マネックス証券でも一般口座から特定口座への変更ができます。 マネックス証券の特定口座は総合口座開設時に申し込むこともできますが、後から変更も・・・

マネックス証券のゼロETFの内容と対象銘柄

マネックス証券では対象ETFの売買手数料が実質無料となるゼロETFサービスを2017年2月から開始しました。 ETFの売買手数料が無料になることで、運用コストを軽減できます。 通常、海外ETFの売買手数料はNISA口座で・・・

マネックス証券のIPO抽選で補欠当選した場合の手続きと繰り上げ当選の確率

一般信用売り 確認方法

当選と同時に購入申込が確定する証券会社もありますが、マネックス証券では抽選後の購入辞退に対応しています。 その分株が余る可能性があるため、補欠当選のしくみが設けられています。補欠当選の場合も、抽選後に一定の手続きが必要で・・・

マネックス証券のIPO資金が拘束されるタイミング、解放されるタイミング

IPO

IPO銘柄の申込には、事前に資金の準備が必要です。 証券会社によってタイミングは異なりますが、当選が決まる前に資金拘束が行われる証券会社も多いです。 ここではマネックス証券の資金拘束タイミング、資金が解放されるタイミング・・・

マネックス証券で投資可能なバンガードETFの種類と取引手数料

楽天証券 ポイント

海外ETFは投資信託に比べて低コストで取引できるため、人気の高い投資商品です。 中でもバンガードETFはコストが低く、取引しやすい銘柄です。 種類も多いため自由に組み合わせて投資できます。 ここではマネックス証券で取引で・・・

マネックス証券でAI(人工知能)を活用した投資商品、サービス

マネックス証券はFX業界でAI技術を活かした投資診断サービスを無料で提供するなど、AI関連サービスの提供を積極的に行っています。 世界の相場状況のレポートもAI技術を活かして行っており、手軽に今後の相場や状況を判断できる・・・

マネックスビジョンβの特徴と活用方法

楽天証券 ポイント

株式や債券、投資信託にバランス良く分散投資を行いたい場合、投資スタイルや目標に応じて理想的なポートフォリオがあります。 マネックス証券のマネックスビジョンβではそれぞれの投資スタイルや希望に合わせた目標ポートフォリオの設・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ